5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NASAのアルテミス1号の巨大な月のロケットは、6月に打ち上げられる前に別のテストを受ける予定です

NASAのアルテミス1号の巨大な月のロケットは、6月に打ち上げられる前に別のテストを受ける予定です

The NASA チームは、スペースローンチシステムとオリオン宇宙船を含むアルテミス1号ロケットの322フィート(98メートル)のスタックを今月後半にフロリダのケネディ宇宙センターの発射台に戻す準備をしています。

ウェットウェアトレーニングとして知られる重要なテストは、ミサイルが発射台を離れることなく発射の各段階をシミュレートします。 このプロセスには、燃料の装填、発射をシミュレートする完全なカウントダウンの実行、カウントダウンクロックのリセット、およびミサイルタンクの排出が含まれます。

4月に3回のリハーサルを試みた後、ミサイルグループは4月26日にスペースシャトル組立棟に戻され、テストの試み中に発生した問題に対処しました。

これまでのところ、チームは、ヘリウムが漏れる原因となったロケットの上段の故障した逆止弁を交換し、尾部の水素漏れの原因を修正するために取り組んでいます。 一方、発射台にガス状窒素を供給するエア・リキードは、アルテミス1号のテストと発射をサポートするために、パイプライン構成をアップグレードしています。

NASAの探査システム開発ミッション局の副管理者であるジム・フライ氏は、木曜日の記者会見で、逆止弁を検査したところ、適切に密閉できない小さなゴム片を発見したと語った。

フレイ氏によると、バルブに問題は見られず、当初はバルブの一部ではなかったため、エンジニアはゴムの出所を調査しています。 チームはまた、水素漏れの潜在的な原因を絞り込みました。

フライ氏によると、ロケットの山が5月下旬に発射台に戻ってから、ロケットが6月上旬から中旬に行われる可能性のある別のリハーサルが行われるまでに12〜14日かかるとのことです。

ケネディ宇宙センターでNASAの地球探査システムプログラムのビークルオペレーションのシニアディレクターを務めるクリフランハムは、次のように述べています。 「VABでの停止は停止点です 戻るには、私たちがしなければならないことを実行し、できるだけ早くボードに戻ります。 ですから、私たちはその目標を達成するために一生懸命取り組んでいます。」

NASAは打ち上げ前にアルテミスの月ロケットを重要なステップに置きます

アルテミスチームは現在、夏の終わりにアルテミス1号を月への旅に送るための打ち上げウィンドウを検討しています。7月26日から8月9日まで、8月23日から8月29日まで、9月2日から9月6日までです。

「また、現実的で率直に対応したいと考えています。独自の起動ウィンドウを作成する可能性を最大限に高めるために、起動カウントをスムーズにするために必要なアクションを取得するには、複数回の試行が必要になる場合があるためです」とFree氏は述べています。

Artemisロケットスタックがリハーサルを完了すると、建物に戻って打ち上げ日を待ちます。

ロケットが打ち上げられる前に新しいシステムをテストするという困難なプロセスの背後には長い歴史があり、Artemisチームが直面するのは、ApolloおよびShuttle Castleチームが直面するものと似ています。これには、複数のテストの試行と打ち上げ前の遅延が含まれます。

濡れた服での訓練の結果は、アルテミス1号が月を越えて地球に戻るミッションにいつ着手するかを決定します。 このミッションは、NASAのアルテミス計画を開始します。このプログラムは、人間を月に戻し、2025年までに最初の女性と最初の有色人種を月に着陸させることが期待されています。

READ  米軍は、2014年に恒星間天体が地球に衝突したことを確認しています。