2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NASA、着陸成功後の日本の月探査機SLIMの画像を公開

NASA、着陸成功後の日本の月探査機SLIMの画像を公開

NASAは金曜日、月面への精密着陸に成功した日本の月探査用スマートランダー(SLIM)衛星の1機が撮影した画像を公開した。

NASAによると、月偵察機が高度約80キロで着陸前後に撮影した画像では、エンジンの排気による着陸船周囲の反射率の変化がほとんど見られないという。

先週の土曜日、日本は旧ソ連、米国、中国、インドに次いで月面に探査機を着陸させた5番目の国となった。

探査機は目標地点から約55メートルの地点に着陸し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)のミッションを前例のない精度で着陸させた。

しかし、「蜜の海」として知られる低高度のシオリ・クレーター周辺に計画的に着陸した後、SLIMは方位が狂い、内蔵された太陽光発電パネルが故障して発電できなくなった。 太陽に面しています。

JAXAによると、予期せぬ向きは2基の主エンジンのうちの1基が地表約50メートルで推力を失ったことで引き起こされた可能性があり、月の西側が太陽光にさらされれば発電が始まる可能性があるとしている。

JAXAによると、SLIMは着陸直前にSORA-Qと呼ばれる手のひらサイズのロボットを展開することができ、木曜日には月面にもたれかかるSLIMの写真の撮影に成功したという。

READ  日本の前澤が所有するバスキアは8500万ドルで売られている