7月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

NASA、ボイジャー1号は重大な故障から瀬戸際から生還したと発表

NASA、ボイジャー1号は重大な故障から瀬戸際から生還したと発表

深刻なコンピューターの問題により、ほぼ半世紀にわたって系外惑星や太陽系の遠方のデータを提供してきたボイジャー1号探査機が停止するかのように見えた数カ月後、NASAは木曜日、探査機の運用を再開したと発表した。 。 リクエストすること。

「探査機は星間空間に関する情報の収集を再開しました。」 NASAは、宇宙で最も遠い人工物体であるボイジャー1号の発表でこう述べた。

11月にこの問題が表面化して以来、技術者らは問題の診断と修正に取り組んできたが、初の人工物体であるボイジャー1号からの情報の送受信には約2日かかるという事実が、この面倒で時間のかかるプロセスを複雑にしている。 星間空間に入るのは初めてで、現在は地球から150億マイル以上離れています。

老朽化した探査機の修理の見通しがこれまで以上に厳しいものに見えたため、宇宙コミュニティはこの1年、息をひそめていた。

ボイジャーミッションプロジェクトマネージャーのスーザン・ドッド氏は2月、ボイジャー1号が一貫した工学および科学データを地球に送信する能力を妨げるこの問題は、2018年にミッションの指揮を開始して以来、探査機が遭遇した「最も深刻な問題」であると述べた。

ボイジャー 1 号とその双子の探査機ボイジャー 2 は、系外惑星を探索するという使命のために 1977 年に打ち上げられました。 NASAは、太陽系のまれな配列を利用し、探査機が、それぞれの重力を利用して次の惑星に向かうために、4つの外惑星(木星、土星、天王星、海王星)を訪問することを可能にした。

惑星探査ミッションの成功後、ボイジャー 1 号は太陽系の端に向かって旅を続け、1990 年に伝説的な地球の画像を撮影しました。それは、「ペール ブルー ドット」として知られるようになった無限の暗闇の中にある小さな点です。

2012 年に、この探査機は初めて星間空間に到達し、それ以来、6 年後に続いた双子の探査機とともに、太陽圏、つまり太陽の影響を直接受けている太陽の周囲の空間に関するデータを収集してきました。太陽。

おそらく淡い青色の点と同じくらいの深さの各宇宙船には、地球上の人類と生命を示す音声録音と画像が詰め込まれた金色の蓄音機レコードが装備されており、いつか別の文明によって発見されることを切望しています。

ボイジャー1号回収の見通しは改善 4月に大幅に、NASAは、エンジニアリングシステムと安全性に関する「使用可能な」データを探査機から送り返すことに成功したと報告した。 これに続いて、先月下旬、チームがボイジャー1号の2つの科学機器の機能を回復し、科学データを送信してミッションを継続できるようにしたというニュースが続いた。

同局は木曜日、残りの機器をオンラインに戻し、ボイジャー1号を通常の運用に戻した、と発表した。

しかし、ボイジャー1号の新たな寿命は長くは続かないかもしれない。 NASAは以前、ボイジャー1号とボイジャー2号の原子力発電機は2025年頃に廃止される可能性が高いと推定していた。しかし、ボイジャー1号はその可能性を克服できることをすでに証明している。 ドッドさんは、2機のボイジャー宇宙船が2027年にミッション50周年を迎えることができることを期待している。

READ  新しい画像により、海王星と天王星の実際の姿が明らかになりました