4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Mapletree Industrial、520億円の買収で日本のデータセンター市場に参入 | ニュース

Mapletree Industrial、520億円の買収で日本のデータセンター市場に参入 | ニュース

Mapletree Industrial Trust (MIT) は、日本第 2 の都市である大阪に新しく建設されたデータセンターを 520 億円 (3 億 4,700 万ユーロ) で購入しました。

MITのマネージャーであるメープルツリー・インダストリアル・トラスト・マネジメントは、今回の買収は、無関係の第三者販売会社であるスマ特別目的会社との条件付き信託受益権および株式契約の購入を通じて行われたと述べた。

MIT はこの施設の株式の 98.47% を取得し、総 IT 負荷は 3,000MW 以上になります。 この投資は、MIT の日本のデータセンター市場への参入を記念するものです。

シンガポールに上場されている信託会社は、負債と株式による資金調達から得た収益を組み合わせて買収総額を賄うつもりだ。 同社は2億シンガポールドル(1億3,800万ユーロ)を調達するために私募を申し出た。

同マネージャーのタム・クオ・ウェイ最高経営責任者(CEO)は、今回の買収提案は、アジア太平洋地域で最も発展したデータセンター市場の1つである日本におけるMITのデータセンターのプレゼンスを多様化する戦略的機会を提供すると述べた。

「これにより、魅力的な成長機会を提供し続ける柔軟なデータセンター分野における当社の存在感が拡大します」とタム氏は述べた。 既存のデータセンター運営会社に長期リースで高品質なデータセンターを追加することで、安定した収入が得られ、MITのテナント基盤が強化されます。

買収後、日本はマサチューセッツ工科大学の93億シンガポールドルの資産の約5.5%を管理し、北米とシンガポールがそれぞれ残りの47.6%と46.9%を占めることになる。

「この漸進的な買収により、当社はポートフォリオ再構築の取り組みにおいて新たなマイルストーンに到達しました。 「当社は北米やシンガポールを超えたダイナミックな新市場での取引を追求し、ポートフォリオの回復力と成長機会をさらに強化するために主要資産の売却を検討する」とタム氏は述べた。

最新の IPE Real Assets マガジンの最新版を読むには、ここをクリックしてください。

READ  財務省の利回りが低下するにつれてドルは下落し、オミクロン市場は最先端を維持します