12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

LG電子、日本のショッピングモールに自律型ロボットを供給

CLOi GuideBot が日本のイオン モールで歩行者と対話しているのを見ることができます。 (LG電子)

LG電子は日曜日、日本のショッピングモールチェーンイオンの2つの場所に自律型ロボットを供給したと発表した。

LG CLOi GuideBot というブランド名の多目的顧客サービス ロボットは最近、名古屋郊外の土岐市と東京から 60 キロ東にある成田市のイオン モールで、特定されていない日付で稼動を開始した、と韓国のハイテク大手は述べた。

ロボットには、前面と背面にタッチスクリーン機能を備えた 2 つの 27 インチ フラットパネル ディスプレイがあります。 自然言語処理技術により、日本語、英語、中国語で歩行者とコミュニケーションをとることができます。

LG によると、人工知能を搭載したシステムにより、ロボットは混雑した小売店の設定で複雑な環境をナビゲートし、バリアやエスカレーターの出入口をナビゲートできます。

ロボットは、クラウドプラットフォームを介してオペレーターがリアルタイムで遠隔監視できます。

これは、日本での自律型ロボットのフットプリントを拡大するための LG Electronics の最新の動きであり、顧客サービス ロボット、レストランで食品を配達する自動運転ロボット、病院の消毒ロボットを含む幅広いポートフォリオを備えています。

ソン・ジヒョン (consnow@heraldcorp.com)

READ  トヨタ第1四半期の営業利益は92億ドルに上昇し、予想を上回った