8月 19, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Lenscardがアジアの眼鏡を製造するために日本のオンデーズを買収

インドのガラス小売業者であるLenskartは、日本のオンデーズ社の子会社です。 株式の過半数を購入し、アジア最大のオンラインガラス小売業者になりました。 ソフトバンクグループ、L Catterton Asia、三井物産が支援するインドの新興企業。 一次投資を行うオンデーズは、株式を購入することに合意したと述べた。

ブルームバーグのレポートによると、この取引は日本のチェーンにとって約4億ドルの価値があります。 オンデーズは、共同創設者の田中修治と海山武が率いる独立したブランドとして運営されますが、レンズカートが中規模および大衆市場セグメントに焦点を当てている間、プレミアムセグメントをターゲットにします。 Lenscart オンデーズの過半数の株式を保有していますが、この取引は合併として設計されています。

この買収により、シンガポール、タイ、台湾、フィリピン、インドネシア、マレーシア、日本を含むアジアの13の市場でレンズカードのプレゼンスが拡大します。

東京に本社を置くオンデーズは、1989年に設立され、2013年に最初の海外店舗をオープンしました。 現在、日本を除く12カ国で460店舗を運営しています。

レンズカートのブルームバーグの共同創設者兼最高経営責任者であるBeyushBansalは、次のように述べています。 「私たちは500億ドルから1000億ドルの機会と、眼鏡用のAmazonを作成する本当の機会を見ています。」

Bansalは、Lenscardが2023年3月までの1年間の売上高が4億ドルに達したときに、利益を上げるはずだと見積もっています。 彼は、2つの会社がその期間中に共同で6億5000万ドルを売ったと言いました。 2010年に設立されたLenscardは、インドの眼鏡の主要なeコマースポータルであり、昨年は65%成長し、今年はそれを超えると予測されています。

Bansalは、モントリオールのMcGill大学で工学の学位を取得し、Microsoft Corpの本社で働いた後、インドに戻りました。 彼はLenscardSolutionsPvtを共同設立しました。

バンサル氏によると、新しく拡張されたレンズカートの一般的なリストは少なくとも36か月前のものです。 同社は現在、デリーの北西に世界最大のガラス製造工場があると主張しています。 バンサル氏によると、1億5000万ドルの工場は年間5000万足の眼鏡を出荷するという。

(ブルームバーグエントリーあり)

申し込む ミントニュースレター

* 正しいメールアドレスを入力してください

* ニュースレターを購読していただきありがとうございます。

READ  リオ、日本は国際シリーズの第2ラウンドでタイをリードしています