7月 3, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

KKRがOrixから日本のソフトウェア開発者を買収



ファイル写真:2015年4月7日に東京で撮影されたOrixCorpのロゴ。 2015年4月7日に撮影した写真。 ロイター/花井徹

TOKYO(ロイター)-日本の金融サービス会社Orix Corpは金曜日、ソフトウェア開発者YaoiCoを米国のプライベートエクイティ会社KKR&CoIncに非公開の金額で売却すると発表した。

2014年に弥生を800億円(7億500万ドル)で買収したオリックスは、3月に取引を終了し、1〜3月期の売上高は1,632億円(14.4億ドル)となる。

Yayoiは、日本の中小企業向けの主要な財務および会計ソフトウェアプロバイダーであり、その名前は会計および税務申告ソフトウェアで非常に人気があります。 9月期の売上高は210億円でした。

($ 1 = 113.5500円)

(山崎真紀子による報告; Supranshu Sahu編集)

(C)特許トムソンロイター2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
日本
東京
アメリカ
アジア
私たちに

READ  東京オリンピックの準々決勝後、オリビ人はこれ以上何も望んでいませんでした