5月 24, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

JudoInside-ニュース-女性のためのグランドスラムパリのプレビュー:日本は強い

フランスの柔道の女性は世界のトップです。 オリンピックのスターの中には、パリで開催されるグランドスラムで戦わない人もいますが、チームのトップの女性が誰で、今週末に国際的に誰と対戦するかを確認する価値があります。 JudoCrazyのOonYeohは、お気に入りと不足している名前のリストを調べます。

-48kg

フランスのメラニー・レゴウは、日本の古賀若菜と角田夏実に挑戦されます。 特に不足しているのは、ウェイトを上げたDistria Krasniqi(KOS)、まもなく別のウェイトクラスに上がるDaria Bilodid、そして現在MMAのキャリアに焦点を合わせていると思われるUrantsetsegMunkhbatです。 それは単に弱い分野です 古賀若菜 間違いなく注目すべきものです。

-52kg

これは間違いなく、一部のトップ女性にとってより強力なカテゴリーです。 シードはAmandineBuchard(FRA)です。 彼女は、チェルシー・ジャイルズ(GBR)、志々目愛(JPN)、およびチェルシー・ジャイルズとのプールで7番目にシードされているディストリア・クラスニキ(KOS)からの強い反対に直面します。 特に足りないのは阿部詩(JPN)ですが 志々目愛 見るべきものです。

-57kg

このカテゴリーは常に非常に競争力のあるカテゴリーであり、多くのトップの見込みがあります。 ここでのトップシードはサラ・レオニー・シシーク(FRA)ですが、彼女は日本の玉置桃と舟久保遥香、経験豊富な連珍羚(TPE)、そしてカムバックしているラファエラ・シルバ(BRA)に挑戦されます。 特に行方不明になっているのは、カナダのジェシカ・クリムカイトとクリスタ・デグチ、そしてコソボのノラ・ジャコワです。 Cysique 間違いなくフランス人のお気に入りですが、最終的な勝者ではないかもしれません。

-63kg

ここでの上位2つの見込み客は、ルーシーレンシャル(GBR)とカトリーヌボーシュマンピナール(CAN)です。 群衆は、競争していないクラリス・アグベニョウ(FRA)とティナ・トルステニャク(SLO)をきっと見逃すでしょう。 見積もります 鍋倉那美 日本のすべてのシードされたアスリートに抵抗することができます。 彼女はサンネフェルメールと一緒にプールにいます。 彼女がその競争に勝つことができれば、日本はパリで素晴らしい初日を過ごすでしょう。

-70kg

ここでのトップシードはBarbaraMatic(CRO)ですが、彼女にはオノ・ヨーコ(JPN)とEve Marie Gahie(FRA)の形でタフな挑戦者がいます。 特に欠場しているのは、引退した新井千鶴(JPN)。 4番目のシード オノ・ヨーコ パリでの強力な競争相手であることが証明されています。 シードリストの4番目と5番目のMargotPinotは同じプールにあります。

-78kg

トップシードはマデリーンマロンガ(FRA)です。 彼女の主な反対者はLuiseMalzahn(GER)です。 また、非常に経験豊富なオードレーチュメオ(FRA)も競合しています。 このロットには、Anna-Marie Wagner(GER)と日本の基礎専門家である濵田尚里がいません。 私たちがスーパーグラウンドワーカーだと思うので、パリでは退屈になるでしょう 梅木真美 チュメオまたはおそらくドイツのマルツァンとの決勝戦に到達する良いチャンスがあります。 梅木とマロンガの準決勝はキーマッチです。 おそらくフランスの群衆は違いを生むことができます。

+ 78kg

ここでのトップシードはBeatrizSouza(BRA)ですが、しっかりしたお気に入りは ロマヌ・ディッコ (FRA)、ホームグラウンドアドバンテージを持っている人。 特に足りないのは、素根輝と朝比奈沙羅です。 ここパリとディッコの非常に強いフランス人は決勝に到達できるはずです。

オーダーメイドの柔道コンテンツをもっと読む JudoCrazy

READ  米国の新しい雇用データの中での投資家の信頼が世界の株式を後押し