12月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

JPモルガンアセットは、日本株のラリーに乗るために工業株を選ぶ

(ブルームバーグ): JPモルガン・アセット・マネジメントの日本株ファンドは、円安や資本コストの上昇、企業収益を押し上げる可能性のある市場上昇の中で、過小評価されている産業関連株に期待を寄せている。

ブルームバーグで最も読まれた記事

4 億 5,900 万ドルの JPM Japan ファンドは、機械メーカーの IHI やインフラ企業の日揮ホールディングスなどの企業を対象としている、と同社の財務マネージャーである大輔中山氏はインタビューで述べた。 ブルームバーグがまとめたデータによると、ファンドの今年のリターンは 3.2% で、同業他社の 80% を上回っています。 日本のベンチマーク TOPICS 指数は 2022 年に 1.3% 上昇しましたが、日経 225 は 1.4% 下落しました。

ナカヤマ氏の明るい見通しは、日本が今年の世界的な暴落の際に最も回復力のある先進株式市場の 1 つであることが証明されたことによるものであり、日銀の姿勢の悪さが主要な中央銀行の中で外れ値となっています。 先進国市場シェアの MSCI ワールド インデックスは、年間で 17% 下落し、2008 年以来最悪の年間損失に向かっています。

読む: 日本株は強気相場に向けて順調に推移: 株を選ぶ

日本の脱貨幣化は技術ブームをもたらし、過去数十年にわたって設備投資の相対的な重要性が低下したことと一致したが、資金は「デジタル名から実体経済に戻る」可能性があるとナカヤマ氏は述べた。 「日本のファンダメンタルズの力強いパフォーマンスは、1990年代以来の歴史的な高値への回帰です。」

資本財およびサービス部門は、S&P 500 指数の 8.5% を占め、バリュー株の最大数を占めています。 比較すると、このセクターはトピック インデックスの 24% を占めています。 中山氏によると、これは日本株に追い風をもたらす可能性がある。

JPモルガン・アセットのファンドはボトムアップ戦略を採用しており、利益成長の可能性が高い企業を選択し、株主価値に重点を置いている、とナカヤマ氏は述べた。 ゲームメーカーのセガサミーホールディングス、融資先のりそなホールディングス。 とケーブル メーカーの SWCC 昭和ホールディングスは、そのトップ ピックの一部です。

他のアナリストも経済について楽観的な見方を示している。 オックスフォード・エコノミクスの上級エコノミストである山口典宏氏は、需要の抑制、自動車産業の回復、緩和的な金融政策、および強いベース効果の中で、経済は比較的回復力を維持するはずだとメモに書いています。 SMBC日興証券のチーフエコノミスト、牧野潤一氏は、同国の強い購買力、新型コロナウイルスの影響の弱まり、景気刺激策、交易条件の改善が経済の回復を加速すると予想している。

ファンダメンタルズが改善するにつれて、株式市場は、過小評価されていた産業名にお金が戻る転換点に達するだろうと、10年から15年のトレンドを見ているナカヤマ氏は述べた. 株価を追跡する指標によると、バリュー株はグロース株と比較して3年ぶりの高値を記録している。

ブルームバーグ ビジネスウィークで最も読まれた記事

©2022 ブルームバーグ LP

READ  日本の信頼できる追跡アナリストの引受会社がIPOの価格設定に関与