4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

JERA、ペトロナス・ジャパンとマレーシア間のCCSバリューチェーンに注目

JERA、ペトロナス・ジャパンとマレーシア間のCCSバリューチェーンに注目

日本のJERAは、子会社のペトロナスCCSソリューションズ(PCCSS)を通じて、マレーシアのペトロリアム・ナシオナル・ベルハッド(ペトロナス)と共同探査協定(JSA)を締結し、日本でJERAが排出するCO2を隔離・回収してマレーシアに輸送する実現可能性を評価した。 。 保管用。

JERAによると、JSAのもと、両社は日本でJERAが排出するCO2の隔離・回収、輸送システム、出荷・受け取りなど、二酸化炭素回収・貯留(CCS)バリューチェーン全体にわたる可能性を共同で検討するという。 -国境を越えたCO2輸送およびマレーシアのガス田でのCO2貯留。

JERAは、CCSはCO2排出削減に苦戦している業界にとって重要なソリューションであると述べ、世界中の政府がCCSプロジェクトを積極的に支援しており、アジア太平洋地域を含めて多くの取り組みが進行中であると付け加えた。 JERAはまた、マレーシアにはCO2地下貯留に適した場所がたくさんあるとも指摘した。

同社のCCS事業に関して、JERAはCO2回収・貯留技術と関連する経済的検討の評価を加速していると述べた。 なお、JERAは2050年までに国内外の事業におけるCO2排出量実質ゼロを目指しています。

2024 年までに、多くの業界関係者が日本とマレーシア間の CCS バリュー チェーンに集結します。 津国電力(エネルギア)および日本ガスライン(NGL)は、石油資源開発(JPEX)および日揮ホールディングス株式会社(日揮HD)と、マレーシアにおけるCCSプロジェクトにおける日本発のCCSバリューチェーン構築を目的としたプロジェクトで提携した。 、ケイライン、JFEスチール株式会社(JFEスチール)。

あと、三井物産も中国電力と中国電力は、CCSと炭素輸送を含むバリューチェーンの構築に向けた共同研究に関する覚書(MoU)を締結した。 このバリューチェーンは、三井物産、ペトロナス、その子会社ペトロナスCCSソリューションズ、トータルエナジーズが共同開発したマレーシアの海洋CO2貯留プラットフォーム向けに開発される予定だ。

READ  テニスのためのNippon.com-全米オープンデー