1月 28, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] Equinox は、日本中央競馬会の 2022 年年度代表馬です。

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] Equinox は、日本中央競馬会の 2022 年年度代表馬です。

記事全文を読む スポーツルック Equinox は、日本中央競馬会の 2022 年年度代表馬です。

ウッタラヤナム 彼は 2022 年に日本の 2 つの主要な競馬で優勝し、それらのグレード 1 の勝利により、名誉ある賞を 2 つ獲得することができました。

日本中央競馬会 Equinox は、1 月 10 日火曜日に 2022 年のホース オブ ザ イヤーに選ばれました。この日は、前のレース シーズンのいくつかの受賞者が発表された日です。

ウッタラヤナム 優勝テンノショー(秋) 10月30日の東京競馬場、その後も活躍 有馬が記念1位 12月25日、中山競馬場。 フランスの騎手 クリストフ・ルメール 彼は両方のレースでエクイノックスに乗りました。

Equinox のオーナーである Silk Racing Co Ltd の CEO である米本正志氏は、この栄誉に感謝の意を表しました。

米本さんは「このような栄えある賞に選んでいただき、誠にありがとうございます。 「昨年のエクイノックスは、彼がすべてのレースでどれだけ成熟しているかに感銘を受けました。彼のパフォーマンスは毎回より優れていました。」

トレーナー、JRA の 2022 年春分後の 3 歳のコルト オブ ザ イヤーにも選ばれました。 木村哲也 昨年は好馬の活躍(出走4回2勝)を反映。

木村選手は「名誉あるホース・オブ・ザ・イヤーを受賞できて光栄です。 「まず、馬主や厩舎スタッフをはじめ、馬に関わるすべての方々、そしてファンの方々のご声援がなければ成り立ちません。本当にありがとうございました。」

Christophe Lemaire と Equinox は、10 月 30 日に東京競馬場で開催された 2022 Tenno Show (Autumn) で優勝するために懸命に戦いました。 (Ⓒシャンゲイ)

サマナックスはシーズンが進むにつれて改善されました

Lemaire は、2022 年の Equinox の発展に感銘を受けたことを認めています。

「Equinox は過去 1 年間で着実に改善しました」と Lemaire 氏は述べています。 「特に秋以降、大人になってからはテンノショー(秋)や有馬記念などの素晴らしいショーを見せてくれました。今年もとても楽しみです。」

Equinox は 288 票のうち 282 票を獲得し、年間最優秀馬に選ばれました。 年度代表馬選考委員会を構成する多数のジャーナリストによる投票。

ドルチェ・モアがベスト2歳コルトに選ばれました。 リバティ島は最高の2歳児に選ばれました。 地球上の星 最優秀3歳牝馬を受賞。

受賞者の完全なリストについては、JRA を参照してください。 報告書.

広告

全文を読むSportslook では、日本野球殿堂の最新メンバーや、ボクサーの井上直哉がバンタム級のタイトルを放棄することを決定したというニュースが含まれています。

著者: エド・オデヴァン

日本のフォワード8人をフォロー [Japan Sports Notebook] ここに 日曜日には、 [Odds and Evens] ここに 週中、ツイッター @ed_ovenジャパン フォワードのスポーツ専用ウェブサイトで彼を見つけてください。 スポーツルック.

READ  日本の岸田首相の支持率は、教会とCovidに関する質問の中で急落