2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] ココモ ムレシュが女子スキー界の新たな基準を確立

[JAPAN SPORTS NOTEBOOK] ココモ ムレシュが女子スキー界の新たな基準を確立

Sportslook で全文を読む – [JAPAN SPORTS NOTEBOOK] ココモ ムレシュが女子スキー界の新たな基準を確立

10代のスキーヤー 村瀬ここも 完璧を目指す彼女は、トリッキーなテクニックを試すのが大好きであることを何度も証明してきました。

2023年ワールドカップスキーシーズンでは、ムレシュの専門競技で出場する機会は限られている。 しかし、岐阜県出身の彼は、重力に逆らうスポーツの最大の舞台で輝くチャンスを最大限に生かした。 彼は10月にスイスで開催された今季最初の主要航空イベントで優勝した。 その後、12月15日金曜日に再び勝利を収めた。

コロラド州カッパーマウンテンでのシーズン最終戦で、ムレシュは新得点記録(197.00点)を樹立した。 これは国際スキースノーボード連盟(FIS)のウェブサイトが報じたパフォーマンスです。 新しい基準を設定する 女性の主要航空参加者向け。

それはどれくらい大きな取引ですか?

同団体のウェブサイトによると、これは「おそらくFISスノーボード・ビッグエア・ワールドカップ史上最も説得力のある勝利」だったという。

コロラドでの2回目のランでは、「ムレスは競技の屋根を完全に吹き飛ばし、バックスピンに並び、(少なくとも常識的には)女性がこれまで成功したことのないトリック、つまりバックトリプルコーク1440ウェドルグラブをほとんど何気なく投げた」 。」

このより難しいテクニックには、リードの手でスノーボードの先端をバインディングの間に挟むことが含まれます。 ムレシュさんの場合、その信じられないほどの難易度が審査員から認められ、それに応じて 100 点満点中 99.75 点のポイントが与えられました。

「2つの主要な航空イベントに出場したので、必ず表彰台に上がろうと決意していました。 [at the World Cup this season]共同通信によると、ムラズ氏は「両方とも勝ててとてもうれしい」と付け加えた。

広告


ココモ・ムレシュは、2022年2月14日に北京オリンピックの女子スノーボードビッグエア予選に出場する。 (京都)

ココモ ムレシュ: コロラドで歴史を作る

2022年北京オリンピックの銅メダリストであるムレスは、コロラド大会で幅広いスキルを披露した。

彼の最初の滑走で、ムレスの注目の作品には、スイッチ フロントサイド トリプル コーク 1260 インディー (垂直軸上で発生する回転) が含まれていました。 その結果、97.25点を獲得した。

ムラツは最後の滑走で、この日の輝かしいパフォーマンスで感嘆符を付けたが、その中には「連続競技では行われないトリックも含まれており、1試合で3本のコークを着地させるスイッチフロントサイドトリプルコーク1440インディを実行した。 」FISによると。

村瀬選手は3ランのパフォーマンスを完成させ、197.00点で勝利を決めた。 深田麻里 (174.00)とイギリスのミア・ブルックス(155.75)。

村瀬さんは結果に満足した。

共同通信によるとムレシュ監督は「これまでにないシーズンだった。戦術にバリエーションが増えて自信がついた」と語った。

日本にとっては2度のオリンピック出場選手 国武弘樹 金曜日、彼は男子ビッグフライトでワールドカップ大会初優勝を果たした。 國武選手は181.25点、2位のサム・フェルマス選手(オランダ)は169.50点をマークした。

関連している:

SportsLook でサッカー、バスケットボールなどの全記事を読み続けてください。

著者: エド・オーディン

エドで調べてください 日本フォワード専用ウェブサイト、 スポーツルック 彼についていく [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 今週の、X(旧Twitter)。 @ed_odeven

広告


READ  日本のパイメーカーは、スイカを持ち運ぶためのバッグを販売しています