4月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ITM PowerのMWクラスPEM電解槽を日本に導入

ITM PowerのMWクラスPEM電解槽を日本に導入

英国の電解槽メーカー ITM パワーは、日本の合弁会社である住友商事と提携し、NEPTUNE 電解槽を東京ガスの横浜テクノステーションに納入し、設置しました。

ITM パワー提供

「イギリスのIDM社で製造、日本へ発送、電解槽設置済み」 ITMパワーは、試運転後、製造された水素は東京ガスのエレクトロメタン製造に使用されると発表した。

ITMパワーによると、この装置は海外で製造され日本に輸入されたメガワット級(MW級)のPEM電解槽の初の導入であり、2050年までのカーボンニュートラルを目指す日本の歩みにおいて大きなマイルストーンとなる。

デニス・シュルツ ITM パワーの CEO は次のように述べています。 「ITMは住友と協力して、日本における水素技術の利用促進における東京ガスを支援できることを誇りに思っています。私たちは、日本を最も繁栄した国の一つに位置づける政府のCfDスタイルの支援プログラムなど、日本の広範な発展を注意深く監視しています」地域内のグリーン水素プロジェクトに参加する国々。

注目すべきことに、英国と日本のエネルギー会社は過去数年間、多くのプロジェクトに協力してきました。 住友商事は、同業の丸紅、住友電気工業とともに、2023年までに英国の洋上風力発電およびグリーン水素プロジェクト、ならびに洋上風力のサプライチェーンに約163億ユーロを投資することを約束している。

READ  日本、インド、フランスは、スリランカの債務に関する債権者会議を開始しました