4月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

IHIジャパンはオサロを日本に連れてくる。 フォークリフトのニュース

IHIジャパンはオサロを日本に連れてくる。 フォークリフトのニュース

IHIオートメーションは日本でも利用可能です

東京を拠点とするファクトリーオートメーション機器および産業機械のインテグレーターであるIHIロジスティクス&マシナリー株式会社(IHI)は、サンフランシスコに本社を置くオサロ社と協力して、日本中の倉庫でのロボットシステムの導入を拡大しています。

契約の一環として、IHIはピッキング、混合ケースデパレタイズ、誘導、キッティングおよびその他の自動化操作にOsaro SightWorks Perceptionを使用するいくつかのOsaro Robotic Depalletizingシステムのライセンスを取得します。

オサロ社との技術提携に続き、IHIは横浜ロジ研究所に実証システムを設置し、今年後半には食品卸売会社に生産ロボットのデパレタイジングシステムを導入する予定だ。

「(Dパレタイジングは)肉体労働と職場での負傷率の高さを特徴とする倉庫ワークフローです。この課題に対処することは、人と地球のための進歩的なエンジニアリングソリューションを設計および開発するという当社の企業使命と密接に一致しています」とIHIのCEO、川田元宏氏は述べています。物流機械株式会社 「私たちはロボット ソフトウェア会社 5 社を年間評価しました。Osaro の採用を進める決定は、他のベンダーよりもはるかに速い承認速度でさまざまなボックスを処理できる同社の能力に基づいていました。

IHIは、DAC Robotics、Innotech、LG CNS、Mission Design and Automationを含むトップインテグレーターおよびロボティクスソリューションプロバイダーの選ばれたグループに加わります。

READ  日本のソフトボールチームが東京オリンピックのオープニングマッチで優勝