9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Govt-19トラッカー:日本では、3日連続で深刻な症例が報告されているため、18,000件近くの感染が見られます

日本は13日連続の日曜日に17,832件の新しいCOVID-19症例を確認し、重度の症状のある患者数は3日連続で10,000人に増加しました。

全国的に、土曜日から1,563までに42の深刻な症例があり、10人の新たな死亡が報告されています。

一方、東京は4,295件のGovt-19症例を報告し、これは日曜日の記録に達し、現在のコロナウイルスの緊急事態を延長するよう政府に圧力をかけました。

首都では、重症のGovD-19患者の数は251人に増加し、土曜日から6人増加し、首都政府はコロナウイルスに関連した3人の死亡を発表しました。

首都での新たな流行の7日間の平均は4,263.9で、1週間前の4,037から増加しました。

東京に隣接する3つの州すべてで、毎日のガス負荷が高くなっています。

神奈川県は日曜日の記録である2,081件を報告し、埼玉県は1,773件、柴県は1,374件を記録した。

大阪府は前日史上2番目に多い1,764件を確認した。 他の場所では、沖縄の州は661のケースを報告しました。 兵子県は517例、北海道は366例を記録した。

ウイルスのデルタ変異体は衰退の兆しを見せていないが、ヨシヒト・スーチー首相は来週、東京、シバ、神川で非常事態宣言を延長することについて関係大臣と会談する予定である。 埼玉県、大阪県、沖縄県。

エピデミックの驚くべき増加は、多くの州で病院のベッドがいっぱいになり、国の医療システムの崩壊についての懸念を引き起こしました。

疫学者たちは、首都で非常事態が実施される前の7月初旬から、地下食品ユニットへの訪問者数を制限するなどの措置を講じて、東京の徒歩交通量を半減させるよう求めています。 スーパーマーケットやショッピングモール。

緊急法に基づく州では、酒やバー、カラオケ店を提供するレストランはすでに閉鎖されている必要があり、非アルコール依存症者は午後8時までに閉鎖されている必要があります。

スカは、夏休みに故郷への旅行や帰国を避け、ウイルスの蔓延を防ぐために不必要で急いで旅行することを避けるよう住民に呼びかけました。

誤った情報と過剰な情報の両方がある時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして読む)

READ  障害のある日本人はしばしば目に見えません。 パラリンピックは永続的な光をもたらしますか?