5月 25, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

GoogleとiFixitが協力してPixelパーツをオンライン化

GoogleとiFixitが協力してPixelパーツをオンライン化

私が直します

iFixitは、Pixelの修理をはるかに簡単にするためにGoogleと契約を結びました。 iFixit.comは、本物のGoogleパーツを、今年後半に個別に、またはバッチで販売します。 両方 comp コラボレーションについて公開されたブログ投稿。

Googleによると、「Pixel2からPixel6 Pro、および将来のPixelモデルは、米国、英国、カナダ、オーストラリア、およびPixelが利用可能な欧州連合の国々で提供される予定です」とのことです。 iFixitは、デバイスの修理方法に関する部品や手順を見つけたい、そして間もなくPixelスクリーン、バッテリー、カメラなどを販売したい消費者向けの主要なサイトです。 あなたが自分で電話を修理したくない場合、Googleはそれが修理取引も承認したことを示します uBreakiFix 米国とカナダで、「カナダ、ドイツ、日本、英国のサポートサービスプロバイダーとの同様のパートナーシップ」。

GoogleのiFixitとの取引は、ファイルに続くものです 同様の合意 修理現場を通じてスマートフォン部品も提供する予定のSamsungと。 サムスンとiFixitのパートナーシップは今年の夏に始まり、S20、S21、タブS7 +のみを対象としていますが、サムスンは時間の経過とともにプログラムを拡大したいと述べています。 GoogleのiFixitとの取引は、2017 Pixel 2にまでさかのぼるすべてをカバーしています。これは、以前のPixelの多くがLGやHTCなどのAndroidメーカーと提携して製造されていたことを考えると驚くべきことです。 AppleはDIY修理市場も独自に受け入れています インハウス スペアパーツサービス。

グーグルは「修理可能性を改善することはあなたの電話の寿命と有用性を延ばすのを助ける重要な方法である」と言います。 それが会社の目標である場合、Googleがより長い更新スケジュールを提供することによってGoogleがPixelスマートフォンの寿命を延ばすことを期待しています。 現在、Pixelスマートフォンは 3年 主要なOSアップデートのうち、Samsungが4つ、Appleが6つ提供しています。

READ  LINE:iOSとAndroid向けのモンスターランチャーが発表されました