9月 27, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

GLPが日本初のデータセンターに着工

GLPが日本初のデータセンターに着工

東京ウエスト1棟の完成予想図(画像:GLP)

産業開発会社 GLP は、東京西部にある 31MW の複合施設である日本初のデータセンター プロジェクトに着工しました。

東京ウエスト1複合施設の3つの建物のうち最初の建物は、IT負荷10MWで2025年2月までに供用を開始する予定であるとGLPは木曜日に発表した。 リリースでは。 建物 2 と建物 3 は、それぞれ 10MW と 11MW に相当し、同じ敷地内に後に開発される予定です。

シンガポールに本社を置く建設会社は、新施設は自然災害のリスクが低い地域に位置し、専用の会議室、オフィス、共用休憩エリアがあると述べた。 GLPのグローバルデータセンター事業責任者、ジェニファー・ワイツェル氏は、同社が地元企業や世界的なハイパースケーラーに必要な容量の提供を目指しており、これを「日本における多くの成果の最初のもの」と述べた。

「現在、東京に計画されている 4 つのキャンパスと大阪に 1 つのキャンパスで 600MW を超える IT 負荷があり、ビジネス アプリケーション、クラウド、将来の AI のニーズを満たす安定した、安全、確実で信頼性の高いデータセンター ソリューションを提供できる体制が整っています。コンピューティングの展開です」とワイツェル氏は語った。

ゴールドは行くよ

新しい複合施設の第 1 棟は、3,400 平方メートルの敷地に 3 階建ての床面積 8,700 平方メートル (93,646 平方フィート) を提供します。 GLP は、開発会社の再生可能エネルギー部門が利用できるクリーン エネルギー源を活用し、プロジェクトの LEED ゴールド持続可能性認定を目指しています。

ジェニファー・ワイツェル GLP

ジェニファー・ワイツェルはGLPのグローバルデータセンター事業責任者です

「当社は専門知識、規模、再生可能エネルギー事業との相乗効果を活用して、未来を動かす持続可能なデジタルインフラを顧客に提供していきます」とGLPジャパンの代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)の帖佐義之氏は述べた。

共同創設者兼CEOのMing Z Mei氏が率いるGLPは、2022年初頭に、アジア第2位の経済大国の総エネルギー容量900MWのデータセンターを提供するために、5年間で1兆5000億円(120億ドル)以上を投資する計画を発表した。

GLPは、東京ウエスト1は、昨年7月に入社した元マイクロソフト幹部のワイツェル氏のリーダーシップの下での重要なマイルストーンであると説明した。 ロンドン ビジネス スクールを卒業した同氏は、ソフトウェア会社で 6 年間勤務し、クラウド インフラストラクチャ リースおよび M&A 担当副社長を務め、以前は米国に本拠を置く Digital Reality でさまざまな指導的役割を務めていました。

GLP は世界中で 1,250 億ドルの資産を管理しており、日本、英国、ブラジルの 7 つのキャンパスを含むグローバル データセンター パイプラインに 1,500MW 以上を保有しています。

ビットボーンブーム

日本のデータセンター市場は、2023年も引き続き国内外の開発者からの関心を集めており、シンガポールに本拠を置くデジタルエッジは今年初めに日本の建設会社ヒューリックと提携し、東京のダウンタウンにキャリアニュートラルなデータセンターを建設し、同サイトの7番目の拠点となる。 首都圏を拠点とする施設。

2月、三菱商事とDigital Realityの合弁会社が大阪キャンパスに4番目の建物を開設した。 最新段階では最大 21MW の IT 容量が提供され、キャンパスの総容量は 70MW 以上になります。

昨年 12 月、GLP の最大のライバルである ESR は、ハイパースケールの顧客をターゲットとする 72 MW 大阪キャンパスにある米国拠点のスタック インフラストラクチャに参加すると発表しました。 このプロジェクトにより、香港上場ESRの日本ポートフォリオは168MWとなり、大阪の同社初のデータセンター投資の本拠地となる、市内中心部に近い南港北エリアで開発中の96MW ESRコスモスクエア・ハイパースケール複合施設である。

READ  日本での元カナダパラリンピックコールも含める必要があります