12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

G7は中国に脅迫と武力行使を控えるよう要請

G7は中国に脅迫と武力行使を控えるよう要請

[ミュンスター(ドイツ) 11月4日 ロイター] – 主要7カ国(G7)は11月4日、中国に対し、「脅迫、強要、恫喝、武力行使」を控えるよう促し、安全保障を含む地球規模の課題に対処するために可能な限り協力するという目標を表明した。 、世界の健康と気候。

世界で最も裕福な 7 つの国の外相会議の 2 日間を締めくくった穏やかな口調の声明は、台湾海峡全体の平和と安定の重要性も強調した。

米国務省高官は先に、共産党の与党大会を受けて、中国の習近平国家主席の野望に対する協調的な対応の必要性についてG7がますます合意していると述べたが、声明では共通の目標については言及されていなかった.

この会合は、ドイツのオラフ・シュルツ首相による中国への 1 日訪問と同時に行われ、ドイツが安全保障や戦略的考慮事項よりも最大の貿易相手国との経済関係を優先し続けるのではないかという懸念が生じた。

これは、近年中国に対してより強硬な姿勢をとろうとしてきた西側の同盟国の間で分裂につながる可能性があります。

G7は声明で、「中国に対し、脅威、強要、恫喝、武力行使を控える必要があることを再認識させる」と述べた。 「武力や威圧によって一方的に現状を変えようとする試みには断固として反対する」と述べた。

G7は、中国が今年初めに台湾の近くで戦争演習を行った後、「東シナ海と南シナ海とその周辺の状況について深刻な懸念を抱いている」と述べた.

中国は自治島を自国の領土と主張しており、島を支配下に置くための武力行使を決してあきらめていません。

さらに、G7は、新疆やチベットを含め、中国が報告した人権侵害と虐待、および「香港の権利、自由、独立の継続的な侵食」について中国に懸念を表明し続けると述べた。

国務省の高官は記者団に対し、「過去2年半で、国内的にも世界的にも、中国の最終的な戦略がどうなるかについて意見の一致が進んでいる」と語った。

匿名を条件に語った同氏は、「党大会を終えて、習主席の野心とそれに対する協調的な対応の必要性について、最終的には認識が高まっていると思う」と語った。

「来年の日本議長国に向けて、これがこのグループの焦点になると思う」と彼は述べ、来年初めに日本がドイツからG7の輪番議長国に就任することに言及した.

中日関係は、東シナ海の小さな無人島のグループをめぐる論争に長い間悩まされてきた.これは、日本の第二次世界大戦の侵略と地域的対立の遺産である.

日本の産経新聞は金曜、日中両政府が、11月中旬に習主席と日本の岸田文夫首相との会談の計画を開始したと報じた。

欧州連合(EU)の外交政策責任者であるジョセップ・ボレルは、今日、中国を、2月にウクライナに侵攻したロシアと同じカテゴリーに入れるべきではないと警告した.

ボレル氏は記者会見で、「中国がより自己主張を強め、より自立していることは明らかだ」と語った。

「しかし、現時点では、多くの加盟国が中国と強い経済関係を築いており、中国とロシアを同じレベルに置くことはできないと思います。」

G7は声明の中で、健康や気候変動などの地球規模の問題について、「可能な限り、そして我々の利益のために、中国との建設的な協力」を目指していると述べた。

(Humira Pamuk、Sarah Marsh、Sabine Siebold による追加報告); サラ・マーシュによる追加報告。 フィリッパ・フレッチャーとジョナサン・オーティスによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  主要経済国のG20サミット、ウクライナ戦争をめぐる議論が優勢