6月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

G7がインフレリスクを警告しているため、日本とヨーロッパは異なる方向に進んでいます

米国がインフレの上昇を抑えるのに苦労しているため、G7の金融リーダーは、インフレを「10年ぶりの低水準」に保つために緊縮財政のペースを測定するよう中央銀行に求めています。

G7会合の議長を務めたドイツのクリスティアン・リンドナー財務相は、中央銀行にはインフレを抑制する「大きな責任」があると述べた。

日本の主要な消費者インフレ率は、7年ぶりに4月の日銀の2%目標をわずかに上回りました。

これは、4月に7.4%に達したユーロ圏のインフレとはまったく対照的であり、エネルギーと食料価格の急激な上昇を取り除いた後も、ECBの2%の目標をはるかに上回っています。

黒田氏は、日本の賃金上昇の鈍化とデフレの停滞により、インフレがさらに上昇するのを防ぐことができると強調している。

しかし、ヨーロッパの場合は、インフレ上昇のリスクに満足する危険性を強調しています。

ECBは昨年、インフレを過小評価し、数か月間の物価圧力の上昇に対する懸念を和らげました。

ECBのクリスティーヌラガルド総裁は、12月の利上げを拒否しました。

アナリストらによると、日本が他の経済圏に加わって異常な刺激策から抜け出すための鍵は、インフレ期待の見通しと円の運命にかかっている。

最近の円安が20年で1バレル130ドルを下回ることは、燃料と食品の輸入コストをすでに引き上げているため、日本の政策立案者にとって懸念事項です。

ソシエテジェネラルのマクロストラテジスト、キットSジャックス氏は、「(日銀は)ある時点で利回り目標を引き上げるが、現在何が起こっているのかを理解するのは難しい」と述べ、日本の景気低迷と「非常によくパッケージ化された」インフレ期待を指摘した。 。

同氏は、「日本当局は、円が120〜130の範囲で安定していることを望んでいると思っていた」と述べ、円が140に下がった場合、日銀は政策を正常化すべきだと付け加えた。

READ  日本は億万長者を含むさらに17人のロシア人に制裁を課している