3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

G-7 が日本の札幌で環境・エネルギーサミットを開始

G-7 が日本の札幌で環境・エネルギーサミットを開始

経済と政治の世界


札幌、4 月 15 日 (GG プレス) — 気候、エネルギー、環境の 7 つの閣僚グループが土曜日、日本北部の札幌で会合を開き、世界的な温室効果ガス排出量の削減に関する議論を開始しました。

2日間の会議の焦点は、G-7主要国が、パリ協定の下で工業化以前のレベルよりも摂氏1.5度に気温上昇を制限するという目標を達成するために、さらなる排出削減に同意できるかどうかです.

会議で採択される共同声明では、参加者は、2019年から2035年の間に温室効果ガス排出量を60%削減する緊急性を強調する段落を含める予定です。

会議の議長を務める日本は、脱炭素社会の促進と、ロシアのウクライナ侵略によって混乱したエネルギー供給の安定性の保護との間でバランスを取ることを望んでいる。

会議の冒頭で、西村康稔産業大臣は、世界は不安定なエネルギー市場やサプライチェーンの脆弱性などの問題に直面していると述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  TSMC、日本で3番目のチップ製造工場を計画