2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

FTXは、日本、ヨーロッパの企業、およびLedgerXを売却する許可を求めています

12月15日によると、FTX取引所を代表する弁護士は、同社の4つの支店(FTXジャパン、FTXヨーロッパ、株式決済プラットフォームEmbed、および暗号デリバティブ取引所LedgerX)を売却する許可を米国破産裁判所に求めている. 裁判所への提出.

関連記事を参照してください: FTX調査開始

速い事実

  • 支持者は、これらのビジネスが停止されればされるほど、価値が下がったり、ライセンスが永久に取り消されたりするリスクが高まると主張しています。
  • これらの企業は最近買収され、FTX とは独立して運営されているため、売却プロセスが容易になると弁護士は述べています。
  • 提案されているオークションの日付は、Embed が 2 月 21 日、LedgerX が 3 月 7 日、FTX Japan と FTX Europe が 3 月 21 日です。
  • FTXジャパンは営業停止命令を受けました 11 月 11 日に国の規制当局を通じて、ビジネス開発計画を考え出す。
  • FTX の欧州支店も、FTX の破産手続きと同じ時期に閉鎖を命じられました。
  • 弁護士の提案は、FTXの創設者の数日後に行われます サム・バンクマン・フリードはバハマで逮捕された 証券詐欺、陰謀、マネーロンダリング、選挙資金法違反で起訴された。

関連記事を参照してください: 米国の弁護士とバハマの清算人は、誰が FTX の破産管轄権を管理するかについて意見を交換します

READ  日本は、外国人研修生の経済状況を、仕事からのより多くのボルトとして調査します