7月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

FRB会合前に米国債利回りが16年ぶりの高水準に

FRB会合前に米国債利回りが16年ぶりの高水準に

マーケットの最新情報を無料で入手

水曜日の連邦準備理事会の金融政策決定会合の閉幕前に、米国の利回りは16年ぶりの高水準に達した。連邦準備理事会は同会合で金利を据え置くと予想されているが、金融政策をより長期にわたって引き締める姿勢を示す可能性がある。

10年物米国債の利回りは4.371%と、2007年11月初旬以来の高水準に達し、5年物米国債の利回りも4.524%と16年ぶりの高水準に達した。 -年国債は5.114%と2カ月ぶりの高水準に達した。

国債利回りは価格と逆の動きをし、金利とインフレ期待に連動します。 火曜日の上昇は、トレーダーらが連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が金利を長期にわたって高水準に維持したいという中銀の意向を示唆すると期待していることを示した。

FRB当局者らは過剰な金融引き締めのリスクを懸念しているとの認識を示しているが、最近の総合インフレ率の急上昇など米国からのまちまちのデータが中銀の任務を複雑にしている。 明日発表されるFRBの「概要」(来年の経済・政治見通し)の中で、当局者らは金利をより長期間高水準に維持するとの見通しを示唆する可能性がある。

BMOキャピタル・マーケッツの米国金利ストラテジスト、ベンジャミン・ジェフリー氏は「市場は明日のFRBのタカ派化に備えている」と述べた。

市場では水曜日の金利据え置きが99%と予想されているが、トレーダーらは年末までに利上げが行われる確率はおよそ五分五分とみている。

物価圧力を抑えるために依然として中央銀行家の手に委ねられている戦いを反映して、カナダ銀行の副総裁は火曜日、中央銀行はいわゆる金融引き締めの一時停止を終了し、「金利を引き上げる用意がある」と述べた。料金。」 必要に応じてさらに。」

英国、スイス、日本なども今週中央銀行が政策決定を発表する予定だ。

AJベルの財務分析部門責任者、ダニー・ヒューソン氏は「インフレは扱いが難しいことが判明しており、中央銀行当局は自分たちが簡単とは言えない立場にあると感じている」と述べた。

「彼らがあまりにも遠くに移動すると、経済を破壊する危険があります。あまり遠くに移動しないと、扉が開いて価格の上昇を許す危険があります。」

最新の米消費者物価指数(CPI)統計は、インフレ率を目標の2%に戻すための米連邦準備理事会(FRB)の最近の取り組みが予想よりも時間がかかる可能性があるとの懸念を強めた。 エネルギーコストの上昇により、8月の総合消費者物価指数は3.7%に上昇し、エコノミストの予想を上回った。

他の6通貨に対するドルの強さを示す指標は0.1%下落した。

その他の地域では、ウォール街のS&P 500指数は0.2%下落して取引を終え、エネルギーセクターと工業セクターはベンチマーク指数で最もパフォーマンスの悪いセクターにランクされた。 ハイテク株が中心のナスダック総合指数も0.2%下落した。

原油価格は火曜日のニューヨーク開会の鐘の前に取引高値に達し、その後下落し始め、その後ウォール街で通常取引が続く中、米国の石油・ガス在庫もその下落に追随した。

国際ベンチマークであるブレント原油は4取引連続で上昇を続け、11月以来初めて95ドルを超えた。 こうした序盤の上昇はセッション後半には消え、価格は0.1%下落し1バレル当たり94.34ドルとなった。

米国で同等のウェスト・テキサス・インターミディエイト原油も、10カ月ぶりの高値を付けた後、反落して0.3%安の91.20ドルで落ち着いた。

最近の価格上昇は、今月初め、世界最大の生産国であるサウジアラビアとロシアが供給削減を年末まで延長するとのニュースがきっかけとなった。

投資家らは、原油価格の高騰が米国や欧州のインフレ抑制に向けた中央銀行の取り組みを妨げる可能性を依然として懸念しており、世界経済成長が鈍化する兆しがあるにもかかわらず、銀行が金利を長期にわたって高水準に維持する主張を強めている。

TSロンバードのグローバル・マクロ経済担当マネジング・ディレクター、ダリオ・パーキンス氏は「特にインフレ率がすでに中央銀行の目標2%を上回っていたため、最近の原油価格の上昇はほとんど役に立たない」と述べた。 「しかし、こうした最近のインフレの動向を文脈に沿って把握しておくことが重要だ。われわれはまだ、インフレ対策における12カ月にわたる力強い進歩を台無しにする危険にさらされておらず、それに近づいているわけでもない。

その他、地域全体のStoxxヨーロッパ600指数は、不動産、金融、エネルギー株の上昇がヘルスケアグループや産業企業の下落によって相殺され、0.1%未満の下落で取引を終えた。 ロンドンのFTSE100指数は0.1%上昇し、フランスのCAC40指数も上昇した。

中国のベンチマークCSI300指数は0.2%下落し、日本のTOPIX指数は休日明けに市場が再開されたことを受けて0.1%上昇した。

READ  GameStop、Adobe、GeneralMillsなど