4月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

F16は核兵器を搭載できるが、ウクライナ情勢は変わらない

F16は核兵器を搭載できるが、ウクライナ情勢は変わらない

[ロイター] – ロシア通信社は、ウクライナがF-16戦闘機を搭載したとしても戦場の状況は変わらないとの発言を伝えた。 ウラジーミル・プーチン大統領 軍のパイロットらが水曜日に語った。

しかし同氏は、戦闘機は核兵器を搭載する可能性があり、ロシア政府は軍事計画においてそれを考慮する必要があるだろうと述べたと伝えられている。

タス通信は、プーチン大統領がモスクワ北西部の集会でパイロットらに「もし彼らがF-16を供給し、このことについて話し、明らかにパイロットを訓練しているとしても、戦場の状況は変わらないだろう」と語った、と報じた。

「今日私たちが戦車、装甲車両、多連装ロケット砲を含むその他の装備を破壊するのと同じように、航空機も破壊します。」

プーチン大統領は、戦闘機には核兵器を搭載する能力があると指摘し、「我々は物事を組織する際にそれを考慮する必要がある」と述べた。

同氏は、F-16がどこにいても正当な標的になるだろうと述べた。

同氏は「もちろん、第三国の空港から使用されれば、どこにいても我々にとって合法的な標的となる」と述べたという。

プーチン大統領のコメントは、同日早朝にウクライナのドミトロ・クレバ外相が、今後数カ月以内に同機がウクライナに到着するはずだと述べたことを受けて出された。

ロシアとの全面戦争が始まって2年以上が経過したウクライナは、数カ月間にわたってF-16を探し続けている。

F-16航空機の寄贈を約束した国の中にはベルギー、デンマーク、ノルウェー、オランダなどが含まれる。 各国連合はウクライナ人パイロットの訓練を支援すると約束した。

(レポート:Ron Popeski、編集:Sandra Maler)

READ  ロシアは、ウクライナ戦争で米国が直接関与したと非難し、穀物船がトルコ沿岸に停泊した