5月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

F1ニュース:カルロス・サインツ、日本でのフェラーリのペースに不安

F1ニュース:カルロス・サインツ、日本でのフェラーリのペースに不安

日本での厳しい予選セッションで、カルロス・サインツは4番グリッドでフィニッシュしたフェラーリのパフォーマンスに疑問を表明した。 最近のメルボルンでの成功にもかかわらず、フェラーリは鈴鹿での予選は非常に難しいと感じた。

重要なポイント:

  • 最近のメルボルンGP優勝者のカルロス・サインツは日本では限界に直面し、予選4位に終わった。
  • サインツは練習セッションから大幅なペース低下を認め、3位との差を縮めることの難しさを強調した。
  • サインツは競争力のあるレースに自信を持っており、表彰台での接戦を期待している。

2023 年 5 月 6 日。 マイアミ ガーデンズ、フロリダ州、米国。 スペイン人フェラーリドライバー、カルロス・サインツ(55)が話題になっている

オーストラリアGPで勝利を収めたカルロス・サインツは、日本の鈴鹿で難しい予選セッションに臨み、フェラーリのペースに疑問を抱き、4番グリッドを確定させた。 再びフェラーリで先頭に立ったこのスペイン人は、チームの苦戦と次のレースへのビジョンについて語った。 彼は引用どおりに説明した スカイスポーツF1:

「特にFP3の後はFP1と同じペースではないことが分かり、厳しい週末になるだろうと思っていた。

「我々はグワリエルで本当に良い一歩を踏み出した。3番手のランドとはわずかコンマ2秒の差だが、これは鈴鹿にとっては大きな差で、通常はそのギャップは非常に非常に狭い。コンマ2秒というのは非常に高かった、

「でも、この予選では良いラップを何周も走ったし、自分のパフォーマンスには満足していた。フェラーリは速い車ではないが、その理由は我々には分かっている」

セインズはこう続けた。

「今週末はレースペースが良かったが、それが良いのか悪いのかは分からない。彼らと戦えることを願っている」 [McLaren] 競争では無理だから。

「レース中にランド同士がステージ上で戦えたらいいですね」 [Norris]私はフェルナンドです [Alonso]、後ろにメルク。 表彰台を争う興味深い戦いになるはずだが、残念ながらレッドブルズはここでは別のリーグにいると思う」

日本GPに臨むサインツは、オーストラリアでの最近の勝利の勢いを引き継ぐことになるが、鈴鹿ではフェラーリの現在の限界という現実に直面することになる。

READ  PS5の価格は、ヨーロッパ、英国、日本、中国、オーストラリア、メキシコ、カナダ、および他の多くの国で上昇します