7月 24, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

EU、日本 – ブルトン、チップ協力を深める

EU、日本 – ブルトン、チップ協力を深める

[東京 3日 ロイター] – 各国が防衛、エレクトロニクス、自動車産業の重要技術に対する規制強化に動く中、欧州連合(EU)は日本との半導体分野での協力を深めると月曜、欧州連合(EU)の業界責任者が述べた。

ティエリー・ブルトン氏は、EUと日本はチップのサプライチェーンを監視し、研究者や技術者の交流を促進するために協力すると述べた。 EUは補助金の利用も含めて日本の半導体企業を支援する。

ティエリー・ブルトン氏は東京でロイターに対し、チップや人工知能に関する政府や企業との協力について協議し、「半導体のサプライチェーンを保護することが非常に重要だと考えている」と語った。

日本は、材料や装置の分野では優位性を維持しているものの、全体的な世界市場シェアを失っているチップ産業を再興するために補助金を提供し、チップファウンドリーベンチャーのラピダスを支援している。

ブレトンは火曜日にラピーズと対戦する予定だ。

「これは非常に重要な取り組みであり、正しい方向に進んでいると思います」と同氏は鋳造工場の取り組みについて語った。

ラピダスによる最先端チップの製造計画は、ベルギーに本拠を置く調査会社アイメックとIBM ( IBM.N ) の支援に依存している。

日本政府が支援するファンドは先週、業界の統合を目的としてフォトレジストメーカーのJSR( 4185.T )を64億ドルで買収することで合意した。

EUと日本の協力深化は、チップなどのハイエンド技術の能力向上を目指す中国への依存度を減らすことを約束したことによるものだ。

「私たちはリスクを軽減したいことを明確にしました」とブレトン氏は語った。

サム・ナッセイによるレポート。 編集:Sang-Ron Kim、Himani Sarkar

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本のパイメーカーは、スイカを持ち運ぶためのバッグを販売しています