8月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Equisが日本のバイオマス発電所への融資を確保

アジア太平洋地域の再生可能エネルギーおよび廃棄物インフラの開発者であるEquisDevelopmentPTEは、日本の新潟にある50 MWの新潟東港南極バイオマス発電所に2億8,200万ドル(310億円)の資金を確保したと発表しました。

無担保プロジェクトは、三井住友信託銀行と大師北月銀行が主導する14のシンジケーション銀行と保険会社によって資金提供されました。

Equisは、エンジニアリング、調達、建設の開始を発表しました。 建設工事は2022年5月に開始され、商業運転は2024年10月に開始される予定です。 このプロジェクトは、Equisの日本で3番目の持続可能なバイオプロジェクトです。

Equisは、プロジェクトの20%の持分を売却し、東北電力株式会社(東北電力)との合弁会社を設立しました。

東北電力は、本事業の設計・施工時にオーナーズエンジニアを務め、長期の運営・維持管理契約を締結します。 東北電力は、プロジェクトエリアから4kmに位置する総許容容量4,860MWの東仁田火力発電所を含む11,299MWの火力発電所を所有・運営しています。

アンドリッツAGとシーメンスエナジーAGがそれぞれ東洋エンジニアリングが循環させる液化ボイラーアイランドと蒸気タービンを供給している間、東洋エンジニアリングは、固定時間、固定価格、ターンキー契約の下でエンジニアリング、調達、プロジェクト作業に選ばれました。 。 3社はすべて、世界中でバイオマス発電所を開発した豊富な経験があり、現在、日本で50 MW〜75MWのバイオマス発電所を設計、建設、または運用しています。

このプロジェクトは、日本の再生可能エネルギー固定価格買取制度に基づく20年間の固定料金買電契約の一環として、発電した電力の100%を東北電力の完全子会社に売却します。

このプロジェクトは経済産業省によって承認されており、20年以内に持続可能な木質ペレットまたはパーム核殻からすべての電力を固定規模で日本の大手商社から供給されます。 固定価格契約。 生成されるエネルギーは、約117 000世帯のニーズを満たし、温室効果ガス排出量を約19万tpy節約します。

Equisの日本を拠点とする投資ディレクターである森内博之氏は、「地域最大の電力生産者である東北電力と提携して、新潟に近代的でクリーンなベースロード再生可能エネルギープロジェクトを提供できることをうれしく思います。地域に最初のアプローチをとる運用および保守プロバイダー。評判の高い50MWの新潟東港バイオマス発電所は、Equisの日本で3番目の持続可能なバイオマスプロジェクトであり、既存の産業インフラストラクチャを使用して、地域の長期的な機会を創出します。コミュニティ。

READ  日本の鉄道を修理するためのVR制御の巨大ロボット-IoTWorldToday