1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Energica は次に日本、オーストラリア、ニュージーランドに自転車を持ち込みます

2021 年 10 月、Energica Motors の CEO である Liva Cevolini は、ブランドが新しい市場への拡大に注力していると述べました。 思い起こせば、Ideanomics がアメリカの電気自動車技術会社である Energica の 70% の株式を取得してから 1 か月後のことでした。 当時、Cevolini はオートバイについて話していましたが、舞台裏ではもっと多くのことが行われていました。

2022 年 3 月までに、 Energica は新しい部門 Energica Inside を立ち上げました. 現在 Energica の傘下にある Ideanomics 電気自動車技術の傘下にある EI の使命は、他のメーカーに電気ソリューションを提供することです。 Cevolini が言ったように、これは自動車ソリューションに関するものではありません。 同時に、この技術は電動二輪車に限定されません。 Ideanomics との契約前に、 Energica テクノロジーはすでにボートに動力を供給していました シーランスとのパートナーシップを通じて。

2022 年 12 月に進むと、Energica Motorcycles は 2023 暦年を開始するために 2 つの新しい市場で発売される予定です。 日本とオーストラリア/ニュージーランドの市場では、Eva Ribelle、Ego、EsseEsse9+ など、各国の流通チャネルで Energica マシンが展開されます。

「日本は私たちにとって重要な市場です。日本での Energica のプレゼンスは、8 月の鈴鹿サーキット 8 時間耐久レースで確定しました。私たちのバイクは、この権威ある世界的に有名な耐久レースでの数回のテストラウンドで、そのパフォーマンスが高く評価されています。2020 年 1 月にEstar & Co., Ltd, 当社のアジア – 太平洋ネットワークを発展させる取り組みを強化しました」と Energica Motors の CEO である Liva Cevolini 氏は声明で述べています。

二輪車の販売は、日本とオーストラリア/ニュージーランドの両方で増加しています。 Ideanomics は、2021 年までに日本で 250cc 以上のバイクが 83,000 台販売され、オーストラリアとニュージーランドで 100,000 台以上が販売されると計算しています (合計)。

現在、日本で登録されているバイクの総数が 1,000 万台を超え、電気自動車の全体的な需要とインフラストラクチャが増加しているため、現時点で Energica と Ideanomics が関心を持っている理由を理解するのは難しくありません。 正確な数字は示していませんが、Energica は、2021 年から 12 月までの同じ期間と比較して、2022 年に全体で 78% 多くのオートバイが販売されたと述べています。

READ  日本の好転は依然として投資家によって過小評価されています