2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ENEOS、全国のSSでラストマイル配送サービスを開始

同社は、最初の大規模なパイロット プロジェクトを実施します。これにより、東京の 100 のステーションが配電ポイントおよび一時保管施設として機能することが可能になります。


ENEOSと三菱商事(MC)は、ガソリンスタンドの改善による物流業務の改善を目的とした合弁会社を設立することに合意した。 この事業は、日本全国の 12,000 か所以上にまたがる小売業者の燃料小売ネットワークを活用します。

各サイトがラストマイルの配送ポイントおよび一時保管施設として機能することで、この新しいビジネスは輸送の最終区間を短縮することを約束します。 各場所がスムーズなインバウンドとアウトバウンドのトラフィックに対応できるように最適化されているという事実は、理想的な物流拠点となります。 ENEOSの既存のフットプリントを使用することで、配送ポイントの設定に関連する追加コストも削減できます。

両社は、事業の実現可能性を評価するための最初の大規模な実証プロジェクトを完了し始めており、2023 年度に開始する予定です。 宅配便の需要が見込める東京都とその周辺3県を中心に、計100駅で展開する。

2025 年までに 500 から 1,000 拠点に事業を拡大し、2026 年には全国展開を開始する計画です。 また、ENEOS と三菱商事は、配送関連のテストで得られたデータとノウハウを活用した配送ソリューション アプリケーションを開発します。 スムーズなラストマイルオペレーションを促進するために荷送人が使用する管理システム。

関連コンテンツ

議論

READ  石油とアジアの株式は数年ぶりの高値に下落