8月 19, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Elden Ring Makerは、「いくつかの」新しいプロジェクトに取り組んでいます

Elden Ring Makerは、「いくつかの」新しいプロジェクトに取り組んでいます

エルデンリングのフィギュアから金色の光が昇る。

写真FromSoftware

エルデンリング ついに数ヶ月前にリリースされましたが、 それ以来チャートを突破、しかしFromSoftwareは減速していないようです。 The 悪霊 スタジオはすでに新しい「複数の」ゲームを採用しており、宮崎英高監督は新しいインタビューで、そのうちの1つがすでに完成に近づいていると報告しています。

今日の初め、フロムソフトウェア ツイートリンク 同社はいくつかの新しいプロジェクトで幅広い職種の従業員を採用していると述べ、多数の求人情報が掲載された新しい求人サイトにアクセスしました。 ツイートのアートには写真だけが含まれていません セキロそしてその 血で運ばれる、 そしてその 悪霊、だけでなく、機械的なシューティングゲーム アーマードコア、スタジオで非常に愛されているが長い間休眠しているフランチャイズの1つ。 一方、ジョブリストページには、ゲームデザインやアートからプログラミングや開発のサポートに至るまで、12を超えるジョブが含まれていました。

ゲーム会社がソーシャルメディアで採用することは珍しいことではありませんが、フロムソフトウェアのステータスと エルデンリングファンは、スタジオが次に何に焦点を合わせるかを見て興奮していました。 採用計画も一緒に上陸しました 新しい 4ジャマー インタビュー 宮崎と、そしてその中に エルデンリング 監督は、彼はすでに次のゲームに取り組んでおり、スタジオでまだ発表されていないプロジェクトはすでに進行中であると述べました 開発の最終段階

宮崎はこれらのゲームが何であるかをほのめかしていませんが、ファンはフロムソフトウェアがゲームに戻るのを長い間待っていました。 アーマードコア、2013年以来再入国していない。宮崎 2016年から約束 新しいゲームの仕組みがいつか到着すること、そして 6.アーマードコア と噂されている 2017年から開発中。 今年もシリーズとゲームビジュアルの25周年を迎えます 漏れたようです 1月に戻ります。

Fans have also been eager for a sequel to the PS4 exclusive Bloodborne. While a Bloodborne 2 is clearly top of mind for many, rumors have swirled about a possible remaster of the game for PS5 in the vein of 2020’s Demon’s Souls Remake. Just last month, a fake Twitter account posing as the gaming Twitter super user Nibellion すべての人を簡単に説得する それは 血で運ばれる リマスターはすでに発表されています。

もちろん、宮崎やその他のスタジオの新しいプロジェクトが真新しいゲームになる可能性は常にあります。 同社の採用ツイートには、 ドラセナ、PlayStationVR向けにリリースされた2018年のアドベンチャーゲーム。 今後のPSVR2ヘッドセットの背後にあるソニーの大きな推進力を考えると、フロムソフトウェアが新しいプラットフォーム専用の別のヘッドセットを募集していても、ショックはありません。

READ  新しいアップルのリークは、iPhone14の発売の驚きを明らかにします