12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

DPワールドツアーが日本でデビュー

DPワールドツアーは、日本で初のISPSホンダチャンピオンシップを開始することにより、2022年のスケジュールに新しい競争を追加しました。

このイベントには200万ドルの賞金があり、DPワールドツアーと日本ゴルフツアーが共催する史上初の定期大会となります。



DPワールドツアーは来年4月に日本に行きます


©ゲッティ
DPワールドツアーは来年4月に日本に行きます

近玉のPGM石岡ゴルフクラブは、2022年4月21日から24日までトーナメントを開催し、3年契約の開始を記念します。 このイベントにより、日本はDPワールドツアーを主催する51番目の異なる国になります。

ヨーロピアンツアーチームのCEO、キースベルは、次のように述べています。私たちのプレーヤーとパートナーのために。

「2月の2022年のスケジュールへのヒーローインディアンオープンの復帰について今月初めに見たように、アジアDPは引き続き世界ツアーの重要な地域であり、4月の最初の日本訪問はそれをさらに強調しています。」

ビデオ:行方不明の彭帥テニス決勝(スカイニュース)

テニス決勝で見られた彭帥が行方不明

次

ザンダー・シャウフェレは、去年の夏に埼玉のカズミカセキカントリークラブで開催されたオリンピック男子ゴルフトーナメントで、これまで日本で開催されたDPワールドツアースケジュールで取り上げられた唯一のイベントで優勝しました。

ISPSホンダチャンピオンシップは4月に3回連続でアジアを拠点とするイベントの2回目となり、来週はボルボチャイナオープンが開催され、別の試合はまだ発表されていません。

DPワールドは、2022年シーズンの開始以来、ヨーロピアンツアーチームのメインツアーの新しいタイトルスポンサーであり、キャンペーンは27か国で少なくとも47のイベントをカバーしています。



欧州観光局のCEO、キース・ベルは、3年間の契約を歓迎しました


©ゲッティ
欧州観光局のCEO、キース・ベルは、3年間の契約を歓迎しました

READ  ドルは自信を引き締めて変動し、アジア株は四半期ごとの損失に目を向ける