12月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Covidの2年間の遅延の後、Fast Ferryがついに日本で発売されました

画像提供:オーステル

2022 年 11 月 11 日午後 6 時 28 分に投稿

海事管理者

2020 年 9 月にオーストラリアの造船会社 Austal に引き渡されてから 2 年後、トリマラン ヨット クイーンビートル 最後に、サウスウエスト航空は、日本の福岡と韓国の釜山の間で乗客を運ぶ国際線に参入しました。


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月9日から日韓航路が運休となり、全長83メートルの高速トリマランは引き渡し以降、近海のみで運航されている。 福岡湾や北九州の博多~門司間で遊覧船として活躍。


JR九州ジェットフェリーは、最近の国境業務の緩和により運航を再開することを決定し、特別な週末のスケジュールから福岡-釜山ルートでサービスを提供することを決定した. クイーン ビートルは処女航海で 130 人の乗客を乗せていました。


JR九州ジェットフェリーの水野雅之社長は「韓国から日本に買い物や外食を目的に来る客が増えると予想されるため、彼らのニーズに合わせたスケジュールを組んでいきたい」と語った。


Ostal が 4,300 万ドルの費用をかけて建造したこのトリマラン ヨットは、この種のヨットとしては初めて日本に納入されたもので、これまで日本のどのヨットにもなかった快適さのために特注で作られました。


トリマランの船体設計は 502 人の乗客を収容し、ラウンジ、バー、キオスク、小売店、遊び場などの設備を備え、最大 37 ノットの速度でクルージングできます。


JR九州グループの子会社であるJR九州ジェットフェリーが1991年に就航し、これまでの累計利用者数は650万人を超えています。


日本と韓国は、Covid-19の制限を大幅に解除し、後者は、外国人観光客が船に乗り降りできるように、港の正常化と再開を発表しました。

READ  日本の比喩はプロファイルを強化します| リテールアンドレジャーインターナショナル