11月 27, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

CEO の 50% 以上が、今後 6 か月以内に人員削減を検討していると述べています。

差し迫った不況に関する C-Suite のサイレンは、アメリカや他の場所で勢いを増しているが、フルタイムの仕事のためのオフィスへの電話は穏やかだ. 世界中のほとんどのCEOは、景気後退が迫っているという見解を共有しています すぐにでも、起業家の期待に関するKPMGの火曜日のレポートによると. レポートから: 国際的な監査、税務、コンサルティング会社の調査結果によると、米国の CEO の 10 人中 9 人 (91%) が、今後 12 か月以内に不況が到来すると考えていますが、世界の CEO の 86% は同じように感じています。 これは、スタンリー・ドラッケンミラーのようなウォール街の有名投資家の不吉な期待を反映しています。 アメリカでは、CEO の半数 (51%) が、今後 6 か月以内に人員を削減することを検討していると回答しました。世界全体の調査では、CEO の 10 人中 8 人が同じことを述べています。 自宅で仕事をしたい人への 1 つの注意点: リモート ワーカーは、仕事の安全性がより不安定になっているため、オフィスで顔を見せることが有利になる可能性があります。

プレゼンテーション ソフトウェア会社の Beautiful.ai が調査した 3,000 人のマネージャーの過半数 (60%) によると、リモート ワーカーが最初に解雇される可能性は「高い」または「高い」とのことです。 20%は未定で、残りの20%はその可能性は低いと答えました。 米国の CEO の半数近く (45%) が、従来のオフィス内での仕事に対する自社の 3 年間の勤務形態をどのように予想しているかを尋ねられたところ、対面とリモートワークのハイブリッドになると答えました。 3 分の 1 (34%) は仕事はオフィスに残ると答え、20% は完全に離れると答えました。 世界中の CEO は、個人の仕事により熱心に取り組んでいるように見えました。 3 分の 2 (65%) がオフィス ワークが理想的であると答え、28% がハイブリッド ワークが適していると答え、7% がそれはかなり遠いと答えました。 グローバルな結果は、米国のビジネス リーダーから得られたものですが、オーストラリア、カナダ、中国、インド、日本、欧州連合の一部の国、および英国の CEO からも得られました。

READ  アマゾンがルンバからアイロボットを17億ドルで買収