5月 17, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

BPは日本が3回目のオークションを実施しているため、日本の海風をターゲットにしています

BPは日本海空軍(BP)での機会を実現するために協力しました

2022年3月24日午後7時56分に投稿

海事管理者





日本は沿岸風力発電能力の開発を加速しようとしているため、市場機会にメジャーを引き付けています。 最近の開発では、BPは日本の合弁会社および投資会社である丸紅とのパートナーシップを発表し、日本の海水開発の可能性を探っています。 両者は、沿岸の風力や水素を含む他の脱骨化プロジェクトのための戦略的パートナーシップを形成することに合意しました。


BPのエグゼクティブバイスプレジデントであるAnja-IsabelDotzenrathは、次のように述べています。 「」 ガスと低炭素エネルギーは、新しい合弁事業を示しています。 「私たちはBPの洋上風力ポートフォリオを構築し続けたいと思っています。そして、日本の丸谷と協力するのが待ちきれません。」


先週、経済産業省の柿田浩一氏は、再生可能な海洋エネルギーの開発を加速すべきだと述べた。 ウクライナの現状と世界のエネルギー市場の混乱を引用し、日本の資源を構築し、国のエネルギー自立を高めることの重要性を示したと述べた。


日本政府は、2030年までに10ギガワットの海上風力発電容量を利用する戦略を策定し、この10年の終わりまでに再生可能エネルギーが国のエネルギー供給の3分の1を占めるようにしました。 浮体式風力発電所を含め、2040年までに30〜45ギガワットの風力発電所を建設し続ける計画であり、国は2050年までに炭素中和目標を発表しました。 日本の長期的なエネルギー戦略。


BPと丸紅は、東京に地元の海洋風力開発グループを設立するというBPの計画を含む、いくつかの戦略を計画しました。 BPは、以前に丸谷政府に提案された沿岸風力プロジェクトの49%の株式を購入する予定です。 両社はまた、風力発電における追加の海洋機会を探すことを計画しています。


この発表は、日本が現在、海外入札の第3回メジャーラウンドで提案を受け付けているときに行われます。 現在のラウンドは2021年12月に始まり、開発者を選択するために北海岸沖の日本海に最大356MWの港湾容量があります。 ノミネートは2022年6月までに予定されており、賞は12月に予定されています。


昨年12月、日本は三菱主導のプロジェクトに約1.7ギガワットの風力発電能力を持つ3つの海洋プロジェクトを授与しました。 三菱が日本の条件の下で非常に低い料金を提供することによってそれらのリースを勝ち取るので、プロジェクトのための競争は熾烈です。


BPは、デンマークのArstetやドイツのRWEを含む他の業界リーダーが日本市場への参入を提案しているとの報告を受けて、市場への参入を目指して激しい競争に直面するでしょう。 BPにはすでに5GWを超える純海水開発パイプラインがあり、米国と英国で計画があります。 2019年以降、再生可能エネルギー開発パイプラインを4倍の24 GW以上に増やし、マルバニの総発電容量は約12 GWで、世界中で2 GW以上が、洋上風力発電所と海洋風力発電所の開発と運用に携わっています。 。 丸紅は、日本で最初の大規模な商業用洋上風力発電プロジェクトの開発、承認、建設のリーディングパートナーです。





READ  トヨタは依然として世界最大の自動車販売業者であり、VWのリードを拡大