5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

AVIは日本のSKケケンの上場廃止を要求

AVIは日本のSKケケンの上場廃止を要求

AVIは、同社の株価パフォーマンスの悪さとバリュエーションの低さから上場廃止が正当化される可能性があると述べた。

規制当局への提出書類によると、SK化研は国内市場で「圧倒的なシェア」を誇る高品質の企業であるにもかかわらず、EV/EBIT比率は0.8倍未満で株価純資産倍率も高い。 0.8倍

AVI、株主総会の「大失敗」を受けてフジテック取締役の「信頼性」を表明

過去5年間で同社の株価は19%下落したのに対し、国内同業他社の株価は13%上昇し、東京株価指数は31%上昇したとAVIは付け加えた。

同ファンドの4月のファクトシートによると、同社は現在AVIのジャパン・オポチュニティ・ファンドの4.2%を占めており、業績を大きく阻害している。

現在株主数は410名となっており、SK化研は「東証スタンダード市場に上場するための要件のみを満たしている」としている。

AVIのジョー・バウアンフロイント最高経営責任者(CEO)は、日本企業には「緊急性が欠如しており、経営規律が弱い」と主張し、これは支配株主が1人の企業に典型的なものだと述べた。

実際、SK化研の株式の40%以上は創業者の藤井家が所有しており、同家は同社の重要な上級幹部職も務めていると同氏は説明した。

バウアンフロイント氏はさらに「SK化研取締役会の平均在任期間は15年で、創業者は意思決定プロセスに大きな影響力を持っている。これが不安定と伝統の文化につながり、会社は進歩に飢えている」と続けた。

「昨年、一昨年と株主提案を提出しましたが、非藤井家の株主からの強い支持にもかかわらず、SK化研は過剰な自己株式を削減し、低い配当性向を引き上げることができませんでした。」

abrdn Japan、Nippon Active Valueの自主清算と変更を提案

AVIは、SK化研が自己株式の発行済み株式の14%を保有しているため、同社の自己株式の90%を消却することを提案した。 。

配当も1株当たり400円から800円に増額し、配当性向30%を目指すとしている。 「SK化研はバランスシート上で利益をため込んでおり、現金および同等物がバランスシート資産の71%を占めている」とAVIは述べた。

さらに、「AVIは他の株主に対し、少数株主の利益を繰り返し無視してきた支配株主による継続的な否定的なガバナンス慣行に不支持を表明するよう呼びかけた」と付け加えた。

READ  2023アジアカップの開催についての日本「音」-レポート