5月 24, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

AnGesとEigerは協力してJokinviを日本で配布しています

AnGesによる署名 合意 Eiger BiopharmaceuticalsのZokinvy(lonafarnib)は、日本におけるハッチンソン-ギルフォード早老症候群(HGPSまたは早老症)およびプロセス欠損早老症(PL)の治療のための規制当局の承認、商業化、および流通を行っています。

疾患修飾剤であるチョキンウィは、側坐核と緊密な結合を形成する偽の供給されたタンパク質の形成を防ぎます。

これらの接続は、早老症およびプロセス欠損PLの小児および青年に細胞の不安定性および早期老化を引き起こします。

Eiger Merck(MSD)からLonafurnipの独占的グローバル権利を取得。

最新の合意の下で、Angesは日本の当局からZokinvyの規制当局の承認を取得し維持するよう努めます。

同社はまた、治療薬の流通とマーケティングの専任パートナーとしての役割も果たします。

さらに、Angesは最大150万ドルを前払いし、Eigerにマイルストーンの支払いを行います。Eigerは製品の販売からも収益を受け取ります。

アンジェスの社長兼最高経営責任者である山田栄は、次のように述べています。

「規制当局の承認プロセスに沿って、昨年設立されたAnges Medical Research Laboratories(ACRL)での新生児検査の改善の一環として、HGPSの診断検査を開始する準備を継続します。」

2020年11月、Jokinviは、HGPSによるプロセス障害のあるPLの死亡および治療のリスクを軽減するために米国で承認されました。

Joginwiは、早老症の影響を受けた子供と青年に統計的に有意な延命効果をもたらしました。

これにより、死亡率が60%減少し、プロゲステロン患者の平均余命が少なくとも2。5年延長されました。

関連会社



READ  ほとんどの日本人男性は座って排尿することを選びます