5月 19, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

AjiteshChanduは69ランで日本で11位に終わった

アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップダイヤモンドカップでは、インドのアジテシュチャンドゥが2度目の69点を獲得し、208点で11位でフィニッシュしました。

彼は、ジャパンチャレンジツアーの優勝レーンで18のグリーン12と14のフェアウェイのうち9つを見つけたので一貫していましたが、ラウンドを回避するには29のパッドが必要でした。

5回目のボギーの後、彼は11回目と15回目をバードアウトし、残りを組み合わせて堅実なラウンドを行いました。

日本のGuidoOnishiがリーダーボードのトップに立ったが、桂川悠斗(67)、時松亮子(66)、ニュージーランドのBen Campbell(66)が加わった。

最初の2ラウンドを終えたリーダーの大西は、オーバーパラ71を獲得してオライゴルフクラブで7日目のプレーを完了し、時松とキャンベルは1回で66ランを記録し、桂川を思いついた。 A67。

日本ゴルフツアー機構(JGDO)が共同で承認したこのイベントでは、日本の今平修子(69)と稲森佑(70)が再び脳卒中を起こした。

大西はプロとして1年しか経っていないが、JGTO初の成功の危機に瀕している。

キャンベルの6、2、6、2ブギーの合同日は、2018年のニュージーランドPGAチャンピオンシップでの勝利と並行して、2度目のプロ勝利のステータスを彼に与えました。

注目すべき選手の1人は、現在JGTOのキャッシュリストで1位と2位にランクされており、今シーズン彼の名前を上回っている桂川です。

時松は、2016年から2018年にかけてJGDOで3回優勝した、最も経験豊富なトップランナーの1人であり、4位への追加の試みは3/4のエースに大きく助けられ、8番アイアンを打ちました。 160ヤードから。 。

(このストーリーはDev Discourseスタッフによって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されました。)

READ  Japan Bizは、旅行者と学生の入場制限を簡素化します