5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

AIを活用した偽有名人広告は日本の最新詐欺トレンド

AIを活用した偽有名人広告は日本の最新詐欺トレンド

有名人はソーシャルメディアで自分自身を宣伝します。 詐欺師は、有名人のロールモデルが自分自身を投稿しているかのように見せかけた偽の広告でソーシャル メディア ユーザーを虐待します。

画像: Canva

「残念で悲しい。本当に怒っている。もう十分だ」と述べた。

それが48歳の前澤友作氏が日本の国営放送で語った最初の言葉だった 日本放送協会 最近のインタビューで。

前澤氏は日本の億万長者の実業家、アートコレクターであり、日本最大のオンラインファッション小売サイトであるゾゾタウンの創設者です。

彼女は、詐欺師が自分の利益のために利用する数多くの有名人の 1 人です。 前澤氏のような憧れの著名人を装った詐欺師が偽広告を配信する傾向があり、被害者が名乗り出るケースが増えている。

フェイスブックやインスタグラムなどで前澤氏の画像や名前を使った偽広告が出回っている。 昨年 8 月以来、少なくとも 700 件の広告がソーシャル メディア上に出回っており、現在も出回っています。

広告

前澤氏は、偽広告が拡散された2つのソーシャルメディアサイトの運営者メタ社に対し、自身の顔画像と名前が無断使用されたことへの懸念を表明した。

同社は、偽広告の排除に努めていると答え、すべての問題を解決するのは難しいことを理解するよう前澤氏に求めた。 この対応を前沢氏は批判した。

「いやいやいや、削除しろというのが私の言いたいことだ。私の写真を使って何十億円も盗み、詐欺の被害に遭っている人たちが目の前にいる。なぜメタはすべての広告をチェックして排除しないのだろう」偽の広告?! これは受け入れられません。」

問題を自らの手で解決する

日本における旅行詐欺
画像:ポルカドット / Pixta(ピクスタ)

前澤氏の弁護団は昨年6月、メタ社に対し偽広告の削除を求める文書を送付した。

メタ氏はまだ投稿を削除していないため、前澤氏の弁護士は米国で訴訟を起こす準備を進めている。 朝日新聞 報告します。

前沢氏は昨年、なりすまし広告と闘うための対策本部を立ち上げた。

同グループは今年3月、相談窓口を開設した。 同社のホットラインには、偽広告による被害に関する苦情が10日間で180件以上寄せられた。

前澤氏のチームへの損害総額は約200億円(1億2968万8000ドル)となった。

警視庁は2023年、既知の詐欺被害者2,271人に対して約277億9,000万円(1億8,008万7,537ドル)の賠償金を記録した。

ある個人は、1億円(64万8,385ドル)以上を失ったとして警察に被害届を提出した。

前澤氏の相談事務所には詐欺被害者からの被害届が届いている。

なりすましのリストには次のものが含まれます。 大坂なおみ26歳、日本のプロテニス選手。 三木谷浩史59歳、楽天の創設者兼CEO。 西村博之47歳、日本の起業家、最もアクセス数の多い日本の掲示板2チャンネルの創設者。 堀貴文51歳、ライブドアを設立した日本人起業家。 村上世彰64歳、日本の投資家、元役人、「村上ファンド」の共同創設者。 森永田黒66歳、日本の経済学者。 中田敦彦41歳、日本のコメディアン。 桐谷広人74歳、プロ棋士。 池上彰、73歳、日本のジャーナリスト、作家。 そして 岸博幸61歳、日本の教授、起業家、元役人。

日本における詐欺の進化

新しい攻撃ベクトルは、日本における詐欺の進化を反映しています。 この国は何年もの間、詐欺師が誰かの息子になりすまし、高齢の退職者から数百万円をだまし取る、いわゆる「ダトゥダトゥ」詐欺(オレオレ、ダトゥダトゥ・サギ)と戦ってきた。

近年、窃盗犯たちはオンラインのソーシャルメディアサイトに目を向け、主に金に困っている若者たちを利用して労働者を募集している。 多くの場合、犯罪組織は脅迫や脅迫によって部下を拘束します。

詐欺の手口

NHKは、インスタグラム上の偽広告をクリックした後、詐欺師に800万円(5万1,856ドル)を騙し取られたと主張する70代男性にインタビューした。

広告には「森永田黒氏の投資アドバイスを実践」と書かれていた。 広告をクリックすると、日本のメッセージアプリ「LINE」で友達リクエストが行われた。 LINEアカウントのユーザーは森永容疑者になりすまし、被害者の信頼を得るために家族の事情まで暴露した。 なりすまし犯は「SNSが苦手」だと言い、その男性を個人アシスタントに紹介し、そのアシスタントが被害者に毎日メッセージを送っていたという。

「マンツーマンのサポートのように感じました。最初は半信半疑でしたが、3か月のやり取りの後、大丈夫だと感じ始めました」と彼はNHKに語った。

詐欺師らは男性を誘惑し、新エネルギー車事業に200万円(1万2962ドル)を投資させた。 彼らは彼に、「ヘルパー」が勧めるアプリを通じて投資するように言いました。

この男性は毎日自分の在庫をチェックすることができ、3 か月後に売却して利益を出すように言われるまで、価値が上昇するのを見て喜んでいたのです。 「税金がかかる」「手数料がかかる」という理由で株式の売却を拒否されたという。 「投資額が低すぎたので、追加料金を支払わなければならなかった」とさえ言われた。 その後、彼は騙されたかもしれないことに気づきました。

残念ながら、その直感が芽生えるのが遅すぎました。 この時点ですでに800万円を「投資」していた。

証拠の

SNS 伊生人なりすまし広告 クリックすると… 日本放送協会

READ  「日本ワイン」をご存じでしょうか?