6月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

83歳の日本人男性が一人旅で太平洋を旅する老人になりました

東京(CNN)- 世界最大の海への1回の旅行だけで十分です。 しかし、83歳の日本の海洋冒険家の堀賢一は何度もそれをしました。

6月4日(土) 彼は太平洋をシームレスに航行する世界最古の個人船員になる予定です。

「夢をただの夢にしないでください。目標を持って、それを達成するために一生懸命努力してください。美しい人生が待っています」と、四国から最終目的地のワグヤマに向かった堀は衛星電話でCNNに語った。 トラベル。

堀は990kg(2,182ポンド)と19フィートの長さの帆船で航海しました- サントリマーメイドIII -3月27日、カリフォルニア州サンフランシスコから。

彼は旅行のいくつかの部分が挑戦的であると言いました、しかし彼は彼の衛星電話で彼の家族に毎日電話をしてそしてそれらをチェックアウトしました。 「私が少なくとも1日に1回電話をかけないと、彼らは心配するでしょう」と彼は言いました。

堀は航海中に寄港せず、4月16日にハワイのオアフ島沖で発見されました。 彼は6月4日に西日本のひのみざき岬に到着します。

船乗りは、サントリマーメイドIIIが故郷の新西宮港に曳航された後、兵庫県西宮市で行われる式典に出席します。

「日本で最も有名な船頭」

1962年、23歳のスペアパーツディーラーである堀は、日本からカリフォルニアまで、太平洋を横断する執拗な航海に成功した史上初の人物となりました。 によると アメリカ国立公園局へ。

「私はそれをやろうと確信していました。挑戦を受け入れたかったのです」と堀は言い、海の嵐の最中にラジオしかなく、GPSも持っていなかったので時々好奇心をそそられたと付け加えた。

1963年にマーメイドIIに乗った堀賢一。

ミトコンドリア療法/AB

堀は、太平洋を越えて持ってきたビールとビールを、彼を訪ねてきたアメリカ人に喜んで与えたことを思い出した。

堀は公式文書を持っていないが、サンフランシスコの当時の市長はジョージ・クリストファーだったと彼は言った。 彼にビザを発行した
当時、ホリを支援するための寄付が殺到しており、ゴッドストンタイムズによると、彼へのインタビューは1店舗あたりわずか20分で、メディアから非常に人気がありました。
当時23歳だった堀は1963年に帰国し、両親と妹に迎えられた。

当時23歳だった堀は1963年に帰国し、両親と妹に迎えられた。

三橋秀幸/AP通信

ローファイ、環境セーラー

そのエキサイティングな最初の航海から、勇敢な船員は環境に優しい船で太平洋を横断します。 ソーラーパネル 別のアルミ缶と ペットボトル
1999年彼はPeerKex製の船でサンフランシスコから日本に向けて出航しました。

堀氏は、海は何十年にもわたって「地球にとってかけがえのない生命の源」であるという考えを共有しましたが、彼は環境活動家として特定されていないと述べました。 「コミュニティの一員として、私はできることをします」と彼は言いました。

100歳になるまで旅をしたいと以前に述べていた堀は、処女航海をしてから60年後、太平洋を一気にノンストップで航海することを期待していなかった。

「83歳で旅行するつもりはないが、それでも健康で、この機会を逃したくない」と彼は語った。 「挑戦はエキサイティングなので、これからも挑戦していきたいと思います。」

マーメイド(彼をアメリカに連れて行った最初のボート)に関しては、それは で掲示されます カリフォルニアの国立海洋博物館。

ホリが彼の要求を不滅にするために寄贈したプレートには、「もし望むなら、ボートとアメリカを愛した若い日本人男性の行為を少しの間覚えておいてください」と書かれています。

READ  日本は自民党の石油補助金の上限を25円に引き上げようとしている