6月 30, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

83歳で、日本人は太平洋を一人で旅行するのに最も古いです

東京(AP)-83歳の日本の冒険家は、太平洋を横断する彼のソロで執拗な航海を無事に完了した後、土曜日に帰国し、マイルストーンに到達するための最年長の人物になりました。

堀賢一は、3月にサンフランシスコのフェリー港を出港してから69日で太平洋横断航海を終え、西海岸沖のキーウ海峡に到着しました。

これは、1962年に日本からサンフランシスコへの太平洋を横断する単独のノンストップ航海を成功裏に完了した世界で最初の人物となった八十代の冒険家にとっての最新の成果です。

60年後、彼は反対の道を進んでいました。

「私はフィニッシュラインを超えました。私は疲れています」と彼は土曜日の早朝に日本に到着した後、彼のブログに書いた。

夕方、日の出後、母港の新西宮に帆船「サントリマーメイドIII」が到着するとのこと。 レセプションは日曜日に開催されると地元メディアが報じた。

彼の記録は、強い波からのプッシュとの3日間の闘争の後に来ました。 金曜日に彼は自分のブログに、成功したが疲れていて、自分のボートがフィニッシュラインへの正しい軌道に乗っていることに気づいてしばらく眠っていたと書いた。

スポンサーによると、堀は日本に帰国することで、太平洋を一人で絶え間なく横断する世界最年長の人物になりました。

堀はまた、1974年に世界中を旅するなど、いくつかの長距離の一人旅を行ってきました。 彼の最近の航海は、2008年にハワイからキーウ海峡への波力ボートでの単独航海以来の最初の航海でした。

READ  美しく耐久性のあるテキスタイルに対する日本のデザイナーのビジョン