7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

4日目の生放送まとめ

4日目の生放送まとめ

2024 年オーストラリアオリンピック代表選考会

2024年オーストラリアオリンピック水泳競技大会4日目、世界記録保持者が出場 カイリー・マッキューン 200背泳ぎとスター選手のレース カイル・チャーマーズ 大会のハイライトは男子100メートルフリー。

現在、オリンピックの 5 つのイベントとパラリンピックの 4 つのイベントが記録されています。

  • 女子 200 背泳ぎ (オリンピック)
  • 男子200メートル競泳(オリンピック)
  • 男子100メートル自由形(オリンピック)
  • 女子 200 フライ (オリンピック)
  • 女子 800 自由形 (オリンピック)
  • 女子100メートル平泳ぎ(スペシャルオリンピックス)
  • 男子100メートル平泳ぎ(スペシャルオリンピックス)
  • 女子100メートル自由形(スペシャルオリンピックス)
  • 男子100メートル自由形(スペシャルオリンピックス)

マッキューンは主に200メートル背泳ぎで活躍すると予想されているが、チャルマーズは第2シードを含む若いチームメイトの獲得を望んでいるだろう。 フリン・サウザム彼と一緒にパリへ。 このレースで 48 秒未満にランクされているのは彼ら (オーストラリア人) の 2 人だけであり、彼らはさらに多くのタイムを見つける必要があるでしょう (おそらく マックス・ジュリアーニ または ケイ・テイラー?) オリンピックで階段を登りたいなら参加してください。

カム・マケボイ 彼は水曜日に50メートルフリースタイルで優勝し、4度目のオリンピック出場権を獲得した後、シードを保持した。

この大会で最も過小評価されているレースの 1 つは 200 フライです。 によって導かれて エリザベス・デッカーズ今年初めにオーストラリアでオールカマー記録を樹立した選手には、3人の水泳選手がいる(アビー・コナー そして ブリアナ・スロッセル) 2:07 未満と評価されている選手や、優れた水泳を求めるティーンエイジャーのグループ全体が参加します。

女子 200 背泳ぎ – 予選

  • 世界記録 – 2:03.14、 カイリー・マッキューン (オーストラリア)、2023年
  • オーストラリア記録 – 2:03.14、 カイリー・マッキューン (オーストラリア)、2023年
  • サラウンドレコード – 2:03.14、 カイリー・マッキューン (オーストラリア)、2023年
  • 連邦記録 – 2:03.14、 カイリー・マッキューン (オーストラリア)、2023年
  • オールカマー記録 – 2:03.14、 カイリー・マッキューン (オーストラリア)、2023年
  • 水泳オーストラリア (OQT) – 2:09.74

トップ8:

  1. カイリー・マッキューン – 2:08.83
  2. ハンナ・フレデリックス – 2:10.19
  3. アイオナ・アンダーソン – 2:10.54
  4. エミリー・シーボーム – 2:11.00
  5. ジャクリーン・バークレー – 2:11.05
  6. ミナ・アサートン – 2:13.34
  7. オリビア・ルヴォー – 2:14.55
  8. アビー・ウェッブ – 2:14.85

世界記録保持者 カイリー・マッキューン 200メートル背泳ぎでは2分08秒83で予選最高タイムを獲得し、わずかに上回った。 ハンナ・フレデリックス (2:10.19)。 22歳のマッキューンは昨年の2:03.14の世界記録を保持しているが、21歳のフレデリックスは4月にそれを上回る2:08.92を記録した。

アイオナ・アンダーソン 彼女は、これまでのベストタイムである2:11.40から1秒近くタイムを落とし、2:10.54のタイムで第3シードに到達した。 18歳の彼は2月の2024年世界選手権で50背泳ぎ(27秒45)と100背泳ぎ(59秒12)の両方で銀メダルを獲得した。

産後8ヶ月で31歳になりました。 エミリー・シーボーム 4位は2:11.00のタイムで今夜の200背泳ぎ決勝への出場権を獲得する。 4度のオリンピック出場を誇るこの選手は、2017年の世界選手権で2:05.68という自己ベストを記録している。

17歳 – 今夜の決勝の最年少選手 – ジャクリーン・バークレー 予選では2分11秒05のタイムで5位に入り、オリンピック候補になる可能性もある。 彼女は2月の2024年世界選手権で自己ベスト2:07.03を記録し、オーストラリアのオリンピック予選タイム2:09.74には大きく届かず銀メダルを獲得した。

男子200メートル競泳 予選

  • 世界記録 – 1:54.00、ライアン・ロクテ (米国)、2011 年
  • オーストラリア記録 – 1:55.72、ミッチ・ラーキン(オーストラリア)、2019年
  • 海洋記録 – 1:55.72、ミッチ・ラーキン(オーストラリア)、2019年
  • コモンウェルス記録 – 1:55.28、ダンカン・スコット(イギリス)、2021年
  • オールカマー記録 – 1:54.98、マイケル・フェルプス (アメリカ)、2007
  • オーストラリアン水泳 (OQT) – 1:57.23

トップ8:

  1. ウィリアム・ペトリック – 1:59.23
  2. シ・ボム・リー – 2:00.95
  3. デヴィッド・シュリヒト – 2:01.31
  4. ブレンドン・スミス – 2:01.82
  5. ジョシュア・カー – 2:02.46
  6. ビリー・リロ – 2:02.57
  7. ジョシュア・ステープルズ – 2:02.61
  8. ガブリエル・ゴルガス – 2:03.05

ウィリアム・ペトリック 1分59秒23で予選を1秒以上リードし、200メートルで初の五輪出場権を狙う。 19歳の彼は先月のシドニー・オープンで1分58秒05のベストタイムを記録しており、オーストラリアのオリンピック記録記録(1分57秒23)までは1秒以内に迫っている。 今夜目標を達成できなかった場合、ペトリックには土曜日の400メートルでもう一度チャンスがあり、自己ベストはオーストラリアオリンピック予選タイムにわずかに迫っている。

シ・ボム・リー 彼は2:00.95のタイムで予選2位となり、2022年世界選手権の22歳のベストタイムである1:59.37をほぼ1秒下回った。 デヴィッド・シュリヒト タイムは2:01.31で、24歳の2022年の自己ベスト2:00.96まであと数十分の差だった。

目を離さない ブレンドン・スミス 今夜決勝戦。 23歳の彼は2分01秒82で予選4位となったが、2021年東京オリンピックの1分58秒57よりも速かった。

男子100メートル自由形予選

  • 世界記録 – 46.80点、パン・ザンリ(中国)、2024年
  • オーストラリア記録 – 47.04、カム・マケボイ(オーストラリア)、2016年
  • オーシャンレコード – 47.04、カム・マケボイ(オーストラリア)、2016
  • 連邦記録 – 47.04、カム・マケボイ(オーストラリア)、2016年
  • オールカマー記録 – 47.04、カム・マケボイ(オーストラリア)、2016年
  • 水泳オーストラリア OQT – 48.06

トップ8:

  1. カイル・チャーマーズ – 48.39
  2. ウィリアム・ヤン – 48.50
  3. フリン・サウザム – 48.64
  4. ジミー・ジャック – 48.69
  5. ザック・インサーティ – 48.78
  6. ケイ・テイラー – 48.81
  7. ジャック・カートライト – 48.83
  8. マックス ジュリアーニ – 48.90

リオ2016オリンピックチャンピオン カイル・チャーマーズ 彼はフリー100を48.39のタイムで完走し、今季世界5位となる4月以来のシーズンベスト47.63まであと1秒以内だった。

ウィリアム・ヤン 彼は48.50秒でチャルマーズよりわずか10分の1秒早く壁に到達し、今季世界28位にランクされるシーズンベストの48.20秒に遠く及ばなかった。 彼はこの種目でのオーストラリアのオリンピック予選タイム(48秒06)に届く距離にある。

フリン・サウザム (48.64) 間違いなく過去 ジミー・ジャック (48.69)で今夜の決勝で3位となる。 19歳のサウザムは昨年のオーストラリアントライアルで48秒未満(47秒77)を記録し、21歳のジャックは4月の自己ベスト48秒76を0.07秒短縮した。

READ  セインツに対するパッカーズのシーズン前の勝利からの5ポイント

ザック・アンチェルティ (48.78)、 ケイ・テイラー (48.81)、 ジャック・カートライト (48.83) と マックス・ジュリアーニ (48.90) で予選上位 8 名が終了しました。 コーディー・シンプソン 彼は予選ヒートで49秒04のタイムで決勝に進出することはできなかったが、今朝のタイムは49秒未満で8人の最速選手のうちに入ることができた。

オーストラリアの記録保持者 カム・マケボイ 彼は以前、この夏に4×100のフリーリレーに出場する可能性を示唆していたが、フリー100の出場から外された。

女子 200 フライ – 予選

  • 世界記録 – 2:01.81、Liu Zhijie (中国)、2009年
  • オーストラリア記録 – 2:03.41、ジェシカ・シッパー(オーストラリア)、2009年
  • 海洋記録 – 2:03.41、ジェシカ・シッパー (オーストラリア)、2009
  • 連邦記録 – 2:03.41、ジェシカ・シッパー(オーストラリア)、2009年
  • オールカマー記録: 2:05.20 — エリザベス・デッカーズ (オーストラリア)、2024 年
  • 水泳オーストラリア (OQT) – 2:07.72

トップ8:

  1. アビー・コナー – 2:06.43
  2. エリザベス・デッカーズ – 2:07.71
  3. ベラ・グラント – 2:07.98
  4. ブリタニー・カステルッツォ – 2:10.19
  5. エロイーズ・ドラン – 2:11.87
  6. ジェシカ コール – 2:12.37
  7. ポピー・スティーブン – 2:12.49
  8. ラファエラ・クベロ – 2:12.79

アビー・コナー 彼は200フライで完璧な泳ぎを見せ、2:06.43の自己ベストを記録し、記録保持者のオールカマーズを抑えて第1シードを獲得した。 エリザベス・デッカーズ (2:07.71)。

19歳のコナーは、3月以来の自己ベスト2:06.59から10分の1ほど落ち込んでいる。 20歳のデッカーズは、4月から2:05.20というタイムでオールカマー記録を保持している。

コナーは今シーズン世界ランキング5位にランクイン チャン・ユーフェイ (2:05.57)、デッカーズ (2:05.20)、 リーガン・スミス (2:04.80)、そして マッキントッシュ 夏 (2:04.33)。

ベラ・グラント 彼女はまた、予選で3番目に速い2:07.98という素晴らしい予選泳ぎを記録し、4月に記録したこれまでのベストタイムである2:08.42を0.5秒近く縮めました。 19歳の彼は現在、オーストラリアオリンピック予選マークの2分07秒72まであと数十分のところにある。

コナーとグラントに加え、今夜の決勝では他の4人のティーンエイジャー、17歳が参加するため、このイベントではオーストラリアの才能豊かな選手がたくさん活躍している。 エロイーズ・ドラン (2:11.87)、17歳 ジェシカ・コール (2:12.37)、18歳 ポピー・スティーブン (2:12.49)、彼は16歳です ラファエラ・クベッロ (2:12.79)。 グループ内で最も小柄なクベッロは、4月の自己ベスト記録2:12.81から数百分の1を落とし、予選8位となった。

女子 800 メートル フリー – ヒート (スローヒート)

  • 世界記録 – 8:04.79、ケイティ・レデッキー(アメリカ)、2016年
  • オーストラリア記録 – 8:13.59、アリアン・ティトマス(オーストラリア)、2023年
  • 海洋記録 – 8:13.59、アリアン・ティトマス (オーストラリア)、2023
  • コモンウェルス記録 – 8:13.59、アリアルネ・ティトマス(AUS)、2023年
  • オールカマー記録 – 8:11.35、ケイティ・レデッキー(アメリカ)、2014年
  • 水泳オーストラリア OQT – 8:22.20

トップ8:

  1. タリン・ロバーツ – 8:50.41
  2. シエナ・ドゥルロ – 8:58.27
  3. ジャシンタ・エッサム – 8:58.44
  4. マッケンジー・ハンター – 8:59.82
  5. ケラリー・シェパード – 9:02.53
  6. チェルシー・ジョーンズ – 9:02.66
  7. ドミニク・メルボルン – 9:03.73
  8. レベッカ・リモルディ – 9:07.87

女子800メートル自由形の遅いヒートでは、オーストラリアのオリンピック予選タイム8分22秒20に特に近づく選手はいなかった。 カルテット タリン・ロバーツ (8:50.41)、 シエナ・ドゥルロ (8:58.27)、 ジャシンタ・エッサム (8:58.44)、そして マッケンジー・ハンター (8:59.82) 9分台を切ったのは彼らだけでした。 オーストラリアの記録保持者 アリアルネ・ティトマス そして レイニー・パリスター 彼は今夜その道を率いると期待されている。

パラリンピックのハイライト:

女子100メートル平泳ぎでは、 キーラ・スティーブンス 彼女は1:16.94のタイムでトップに立ち、785ポイントを獲得した。 21歳のSB9水泳選手は、数年前の東京パラリンピックの種目で銅メダルを獲得した。

男性用チェストソー100 ジェイク・ミシェル 彼は1:04.75という記録タイム(1:04.62)のほぼ10分の1を記録し、大差で予選1位となった。 シャルジャ・ビエンナーレ14の水泳選手は、数年前の東京パラリンピックで銀メダルを獲得した。

アレクサ・リーリー 彼女は女子100自由形を1分00秒38でリードし、シードタイムの​​59秒37より約1秒遅れた。 22歳のS9水泳選手は、昨年マンチェスターで開催されたこの大会で2023年の世界タイトルを獲得した。

ローワン・ブラザーズ 男子100メートル自由形では52秒29で最高得点を獲得した。 パラリンピックで2度優勝している彼は、東京の100メートル自由形S10で51.37秒のタイムで銀メダルを獲得した。