5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

4日目の決勝戦のライブサマリー

4日目の決勝戦のライブサマリー

2022年NCAAディビジョン1男子水泳およびダイビング選手権

土曜夜の最終論文

これは、アトランタのジョージア工科大学のマコーリーアクアティックセンターで開催されるNCAA男子水泳およびダイビング選手権の最終夜です。 カリフォルニア大学バークレー校とテキサスロングホーンズ校が一週間中戦っていた間、ベアーズは今夜の決勝セッションでチームのレースで優位に立つように思われる素晴らしい朝を過ごしていました。 今夜の水泳には、1650レースの最高ヒートが含まれ、その後、200背泳ぎ、100自由形、200平泳ぎ、200フライ、表彰台ダイビング、​​400自由形の決勝戦が行われます。 決勝は東部標準時午後6時に始まります。

3日目のチーム結果:

  1. Cal:320.5
  2. テキサス313
  3. フロリダ:272
  4. ノースカロライナ:214
  5. インディアナ:183
  6. アリゾナ:167
  7. スタンフォード:169
  8. ジョージア:150
  9. ルイビル/オハイオ:108

東京1500オリンピックチャンピオン ボビーフィンク 1650人の男性の見出しは無料で、大人気です。 Cal デスティン・ラスコー その後、彼は200のベストフルバックとして参加し、降格される可能性があります ライアン・マーフィーNCAAは6年前にこのプールで記録を登録しました。

カルは2年生の今夜のプレーオフで2位に終わった ビョルン・セリガー、今朝100フリーポイントで40.75を獲得し、リードを奪いました。 テネシー ジョーダン・クルックス およびLSU ブルックスカリー 今朝は41.1秒を記録しており、どちらもすぐ後ろにあります。

ペンシルベニア大学の学生 マットファロン 彼女は今朝、1:49.03の時間で1:50の障壁の下で唯一の水泳選手でしたが、彼女は100胸のチャンピオンです マックス・マクヒュー 1:50.31の2回目の予選の後、トラック5にあります。 ルイビル ニコラス・アルベル とジョージア ルカオーランド 彼は200フライのレースで対戦し、アルビエロがトップシードとして参加します。

セッションは無料の400リレーレースで締めくくられます。そこでは、Caleが2:45.95のタイムでトップシードを保持し、Pac12のライバルであるアリゾナ州より0.01秒進んでいます。

1650無料

  • NCAAレコード:14:12.08、 ボビーフィンクフロリダ、2020年
  • NCAAミートレコード:14:12.52、 ボビーフィンクフロリダ、2021年
  • 全米オープンレコード:14:12.08、 ボビーフィンクフロリダ、2020年
  • アメリカの記録:14:12.08、 ボビーフィンクフロリダ、2020年
  • 組立記録:14:29.43、 セバスチャン・ルオー、ジョージア、2008年

トップ8の出場者:

  1. ボビーフィンク (フローラージ):14:22.28
  2. ウィルギャラン(NCST-学生):14:31.34
  3. ロスダンテ(NCST-ジュニア):14:31.72
  4. ジェイクマギー(UGA-タヒル):14:33.53
  5. デビッドジョンストン(TEX-新入生):14:33.61
  6. Michael Branegar(IU-Jr):14:33.76
  7. ブルックス失敗(ZONA-5Y):14:35.33
  8. チャーリー・クラーク(OSU-学生):14:35.38

フロリダシニア ボビーフィンク、お気に入りは、昨年14:22.28の時間で彼のタイトルを擁護しました。 彼はNCAAとアメリカの記録を10秒上回っていましたが、9秒強で簡単に勝ちました。

ノースカロライナ州立大学は、2年生のウィルギャランとジュニアのロスダントの両方が14:31に接触し、2位と3位になりました。一方、新入生のジョージア州は14:33.53のタイムで4位にランクされました。

テキサンズはトップ8に1人の水泳選手がいて、2年生のデイビッドジョンストンが14:33.61のタイムで5位になりました。

初期のプレーオフでは、14:33.76のタイムで最初にフィニッシュしたのはインディアナのマイケルブラネガーでした。 ブリネガーは非常に速く、アリゾナのブルックス・フェイルは過去数百メートルにわたって地面を形作り始めましたが、ブリネガーは彼を抑えることができました。 スタンフォードの最後のチームレースで泳いだスタンフォードのグラントシュルツは、決勝に向けて3番目に速い時間で14:38.18を記録しました。

200回

トップ3チーム:

  1. デスティン・ラスコー (Cal-secondary):1:37.71
  2. カーソンフォスター(TEX-学生):1:38.77
  3. ダニエル・カー(CAL-5Y):1:39.06
  4. キーラン・スミス(フロア-ラージ):1:39.39
  5. Leon Lacalistre(Stan-Jr):1:39.67
  6. ジャック・ダールグレン(MIZZ-大):1:40.17
  7. ブライスメフォード(CAL-5Y):1:40.31
  8. ジャスティングラインダー(UVA-ラージ):1:40.72

デスティン・ラスコー、この大会に最初に来たシードは、1:37.71でタイトルを獲得しました。 テキサンの2年生のカーソン・フォスターが100分に速く出て最初にひっくり返ったが、ラスコは後半に彼をパスして勝利を収めた。

Calはまた、5年目(3番目)のDanielCarrとBryceMefford(7番目)を8番目に迎えました。 これらの結果により、Calは現在テキサスを28.5ポイントリードしています。

トラック7から外れて泳いでいるバージニアのジャック・エイキンスは、1:39.26のタイムで決勝に勝ちました。 エイキンスは、ノースカロライナ州立大学のハンタータップとカクパーストコウスキーによってファイナル25で激しくプッシュされましたが、彼は最初に壁に手を置くことができました。

100%無料

  • NCAAレコード:ケーレブドレッセル(フロール):39.90
  • NCAA大会記録:ケーレブドレッセル(フロール):39.90
  • 米国の記録:ケーレブ・ドレッセル(FLOR):39.90
  • 全米オープン記録:ケーレブドレッセル(FLOR):39.90
  • コレクターの記録:ケーレブ・ドレッセル(FLOR):40.46

トップ8の出場者:

  1. ブルックスカリー (LSU-ジュニア):40.84
  2. ビョルン・セリガー (CAL-タヒル):41.00
  3. アンドレイ・ミナコフ(STAN-2年生):09.41.2019
  4. マットブラウンステッド(UVA-2年生):41.22
  5. ジョーダン・クルックス (錫学生):41.24
  6. ドリューケプラー(TEX-ラージ):41.33.31
  7. マットキング(UVA-タヒル):41.34
  8. ダニー・クルーガー(TEX0シニア):41.62

LSUジュニア ブルックスカリー 週末にスプリントを完了し、40.84で100を無料で獲得します。 カレーはさらに25の巧みなテクニックを使ってフィールドを横断し、ワンタッチで勝ちました。 Cal ビョルン・セリガー予選から1位で予選を通過した、41.00で2位に終わった。 SeligerとCrocsは、どちらも19.2で前に出て、どちらも19.2でしたが、Crocsはファイナル25にフェードインし、41.24で5位でフィニッシュしました。

スタンフォードのアンドレイミナコフはトップ3で最初にフィニッシュし、41.09のスコアでレースを終えました。

2019年にこの賞を受賞したハーバード大学の学部長ファリスは、41.42の時間で最終試合に勝ちました。 彼は41.56でレースを終えたオハイオ州のルスランガジエフの前で自分自身に触れました。

200胸

  • NCAAレコード:ウィルライコン(TEX):1:47.91
  • NCAAミートレコード:ウィルライコン(TEX):1:47.91
  • 米国の記録:ウィル・ライコン(TEX):1:47.91
  • 全米オープンレコード:ウィル・ライコン(TEX):1:47.91
  • 収集記録:ウィル・ライコン(TEX):1:48

トップ8の出場者:

  1. レオン・マルシャン(ASU-学生):1:48.20
  2. マックス・マクヒュー (最小-大):1:48.76
  3. マットファロン (ベン学生):1:49.16
  4. カルレスコールマルティ(バツ-タヒル):1:49.69
  5. Caio Pumputis(GT-5Y):1:50.61
  6. Caspar Corpo(TEX-ジュニア):1:50.79
  7. リースホワイトリー(CAL-大):1:50.83
  8. ダニエルロイ(スタンラージ):1:51.17

アリゾナ州のレオン・マルシャンは、大会で2回目のシングルスタイトルを獲得し、史上2番目に速いパフォーマンスである1:48.20のタイムでタイトルを獲得しました。 彼はグレーターミネソタをしのいでいます マックス・マクヒュー 過去50年間、1:48.76のタイムで2位になりました。

フィールドで最速のハーフディフェンスはペンスに属しています マットファロン、100分で8位に終わったが、マルシャンとマックヒューを倒すためにスペースを使い果たした。

カルのリアム・ベルは、チームメイトのヒュー・ゴンザレスに先んじて、1:51.36のタイムで第2セットの決勝に勝ちました。 特に、ゴンザレスは早い段階で問題を抱えており、最初のプルバックからフィールドの後ろにほぼ全身の長さで現れました。

200匹のハエ

  • NCAAレコード:ジャックコンガー(TX):1:37.35
  • NCAAミートレコード:ジャックコンガー(TEX):1:37.35
  • 米国の記録:ジャック・コンガー(TEX):1:37.35
  • 全米オープンレコード:ジャックコンガー(TEX):1:37.35
  • ログの収集: ニコラス・アルベル (LOU):1:37.92

トップ8の出場者:

  1. ブレンダンバーンズ(IU-Jr):1:38.71
  2. ルカオーランド (UGA-タヒル):1:38.82
  3. ニコラス・アルベル (Lo-5年):1:38.88
  4. トレントン・ジュリアン(CAL-5Y):1:39.00
  5. クリスチャンフェラーロ(GT-5Y):1:40:09
  6. Gabrielle Jett(CAL-学生):1:40.22
  7. アレクサンダーコルソン(ASU-Jr):1:40.96
  8. メイソンウェルビー(英国-シニア):1:41.72

スリリングな200フライの決勝戦で、インディアナのブレンダンバーンズがワンタッチで勝ちました。 彼はパワー50で3位になり、フィールドからの撤退を開始しましたが、オーランド、アルベロ、ジュリアンはすべて旗の下で彼に近づきましたが、バーンズは最終的に勝利を維持しました。 特に、最後の200インディアナチャンピオンは1973年にそのレースを行ったゲイリーホールシニアでした。彼の前に、IUのマークスピッツは1971年と1972年に勝ちました。

ジョージア ルカオーランド 彼は1:38.82のタイムで2位に終わり、ルイビルは2位でした。 ニコラス・アルベル、シードが最初に来て、1:38.88で3番目に終わった。

バージニア工科大学のアンタニ・イバノフは、200回のハエで決勝で確固たる勝利を収めました。 彼は26.02にクローズし、フィールドで最速の1:40.97で勝利しました。これは、ミズーリ大学のダニコバックをわずか0.01上回っています。

飛び込み台

トップ8の出場者:

  1. タイラーダウンズ(PUR):447.20
  2. ザッククーパー(マイアミ):443.05
  3. ブライデンハティ(錫):418.70
  4. レオナルドガルシア(フロリダ):406.05.2007
  5. マクスウェルフローリー(マイアミ):398.00
  6. ジェイコブフィールディング(OSU):364.55
  7. ジョーダン・ジブカ(PUR):338.85
  8. ライル・ヨスト(OSU):336.80

パデュー大学の新入生タイラーダウンズは、マイアミのザッククーパーがダウンズに届かずに6回目のダイビングを逃した後、最後のダイビングで表彰台を獲得しました。 テネシー州のブレイデンハッティは418.70秒のタイムで3位でフィニッシュしました。

第6ラウンドと最終ラウンドで、フロリダのレオナルドガルシアは再ダイビングのチャンスを得ました。 ガルシア、彼のコーチ、そして彼の役人の間で長い議論をした後、彼のダイビング中に笛を吹いてから彼を再ダイビングさせることが決定されました。

400の無料リレー

  • NCAAレコード:NC州(2018):2:44.31
  • NCAAミートレコード:NC州(2018):2:44.31
  • 米国の記録:ノースカロライナ州(2018):2:44.31
  • 全米オープンレコード:ノースカロライナ州(2018):2:44.31
  • ラリー記録:ノースカロライナ州立大学(2022年):2:46

トップ8の出場者:

  1. テキサス:2:46.0​​3
  2. アリゾナ:2:46.40
  3. Cal:2:46.42
  4. バージニア:2:46.80
  5. ノースカロライナ州:2:47.29
  6. フロリダ:2:47.39
  7. インディアナ:2:48.12
  8. スタンフォード:2:48.21

テキサスロングホーンズはイベントタイトルの最終大会から離れ、2:46.0​​3に勝ちました。 アリゾナ州は厳しい戦いを繰り広げましたが、テキサスの放送局であるダニークルーガーは、過去25試合でアリゾナ州立大学のコーディベイビーより長持ちしました。

Calは3位で終了し、 ビョルン・セリガー40.92はじめに。 ベアーズはまた、テキサスからチームタイトルを取り戻し、3位でチームタイトルを獲得しました。 カルは2019年に最近優勝しましたが、ロングホーンズは昨シーズンのタイトルを獲得しました。

インディアナは2:48.12のタイムで最後から2番目のゲームに勝ち、ハーバードが200ポイントと300ポイントの両方でリードを握った後、後半の勝利を完了しました。 リターンレグで40.51を分割したハーバード大学の上級准将ファリスが率いた。

最終チーム順位

  1. カロリー-487.5
  2. テキサス-436.5
  3. フロリダ-374
  4. ノースカロライナ州-291
  5. インディアナ-265
  6. アリゾナストリート-236
  7. スタンフォード-231
  8. ジョージア-194
  9. オハイオ-165
  10. バージニア-154.5

READ  ニューイングランドペイトリオッツはマイアミドルフィンズとの取引によりWRデヴァンテパーカーを買収しました