4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

4位は日本 – ニュース

4位は日本 – ニュース

伊藤隆敏著

投稿者: 2024 年 2 月 27 日火曜日、午後 11 時 5 分

経済が4位に浮上しても日本が目を覚ますのに十分でなければ、すぐに5位に転落するだろう。

続きを読む…

ハーバード大学教授エズラ・ヴォーゲルの1979年の著書『ジャパン・ナンバーワン:アメリカへの教訓』は、日本でたちまちベストセラーとなった。 お世辞のタイトルは確かに売り上げに貢献したが、実際に変化をもたらしたのは、この本の中心的な主張、つまりガバナンスとビジネスに対する日本のアプローチが他国のアプローチより優れているという主張だった。

当時、日本は台頭しつつあった。 GDP は 1950 年代と 1960 年代には年間約 10 パーセントで成長し、1970 年代後半には 4 ~ 5 パーセントで成長しました。この傾向は 1980 年代まで続きました。 しかし、日本のビジネスマンや政治指導者は、日本が経済的に成功したのはその独特の構造のせいなのか、それともそれにもかかわらずなのか確信が持てなかった。 彼らにとって、ヴォーゲルの本は一種のお墨付きであり、日本は間もなく米国を追い越して世界最大の経済大国になるだろうという信念を強めた。

その後の数年間で、日本はこの目標に向かって前進しました。 1980年代後半、日本の株価は3倍、不動産価格は4倍に上昇しました。 1988 年の日本の GDP は米国の 60% (現在のドル換算) であり、当時の人口が半分だったことから、一人当たりの GDP ははるかに高かった。 1995年、急激な円高の後、日本経済は米国経済の4分の3の規模になった。

日本の「トップ」になった。 すぐに、経済は数十年にわたる停滞とデフレに悩まされるようになりました。 1995年から2010年にかけて、日本のGDP成長率はマイナス(円換算)となった。 一方、米国経済は毎年約2%成長し、中国は前年比2桁の成長を記録した。 現在、日本のGDPは米国の15.4%に過ぎず、2010年以降中国のGDPは日本を上回っている。 日本は首位に浮上するどころか3位に後退した。

中国が日本を追い抜いて世界第二位の経済大国になったというニュースは、経済の衰退を事実上諦めていた日本国民の激しい反発を引き起こさなかった。 もちろん、昨年の日本の有権者は、長らく優勢だった自由民主党(LDP)に対し、野党である民主党(民主党)に勝利をもたらした。 しかしTPJとの蜜月は長くは続かなかった。 同党は統治、外交、経済政策で大きく遅れをとっており、2009年から2012年にかけて歴代の民主党首相はそれぞれわずか1年しか政権を維持できなかった。

2012年12月の選挙では、日本の有権者は異なるアプローチを試み、自民党の安倍晋三を2期目の首相に選出した。 安倍首相はすぐに、アベノミクスと呼ばれる大胆な経済政策パッケージを打ち出し、その目標は、大幅な通貨切り下げ、拡張的な財政政策、そして長期的な成長戦略という3本の「矢」によって日本経済を20年間のデフレと不況から抜け出すことを目指したものだった。 。

安倍首相の計画はある程度まではうまくいった。 日銀の金融拡大のおかげで、日本はついにプラスのインフレ率を達成しました。 しかし、人口の急速な高齢化により、実質的な成長は依然として達成できていない。 労働生産性は大幅に向上しましたが、労働者数と労働時間の減少を補うには不十分でした。 2012年から2014年の円安と相まって、日本のGDPは(米ドルベースで)減少し、その後横ばいになりました。

現在、日本はさらに凋落しており、昨年ドイツは日本を追い抜き、世界第3位の経済大国となった。 そしてまたしても、日本の世界的地位低下のニュースに対する国民の反応は肩をすくめるようなものである。 ダイナミックな改革を促す建設的な怒りはどこにも見当たりません。

日本経済を再生させるために必要な対策のリストは長い。 例えば、日本は個人の銀行預金や企業の貯蓄を株式や代替資産に移す必要がある。 人口規模の減少に伴い、集中的なデジタル化が必然的に起こるため、あらゆる分野で生産性を向上させることが不可欠です。

一方、今日の人手不足は名目賃金を引き上げるはずであり、財やサービスに対する需要の高まりと投入品価格の上昇が物価上昇に反映されるはずだ。 これは日本では忘れ去られた芸術です。数十年にわたるデフレのため、消費者が企業に価格引き上げを促したため、価格メカニズムは事実上機能しませんでした。 相対価格と絶対価格が凍結され、資源配分に影響が及んだ。

良いニュースは、日銀がほぼ2年間にわたりインフレ率を目標の2%を上回る水準に維持してきたため、「金融ムード」が変化しつつあることだ。 しかし、超緩和的な金融政策には高いコストがかかる。 2022年から2023年にかけて金利が急上昇した米国との金利差の拡大が、2022年1月の1ドル=115円から10カ月後の2023年全体では150円へと急速な円安ドル安に寄与した。

しかし、ドルに対する円安が日本のGDP減少に寄与した可能性はあるが、それがすべてではない。 結局のところ、通貨安は輸出の競争力を高めて成長を促進することがよくあります。 しかし、日本ではその兆候は見られず、より深刻な問題を反映している。イノベーションも製造業もほとんどが日本から離れてしまったのだ。 米国のITサービス企業への支払いが急速に増加し、輸入を加速させている。 日本は、国内のITサービス生産を構築するための科学技術教育の促進など、この傾向を逆転させるために緊急かつ断固たる措置を講じなければならない。

経済が4位に浮上しても日本が目を覚ますのに十分でなければ、すぐに5位に転落するだろう。 国際通貨基金は、インドのGDPが2026年までに(ドルベースで)日本を追い越すと予測している。 さらなる衰退を防ぐために、日本政府は生産性を向上させ、労働力を拡大し、希少な労働者をより生産性の高い部門に割り当てるための明確な戦略を策定する必要がある。 — プロジェクトシンジケート

日本の元財務次官である伊藤隆敏氏は、コロンビア大学国際公共関係大学院教授であり、東京の政策研究大学院大学上級教授でもあります。

READ  日本のニセコユナイテッドリゾートのセツニセコが2023年のベストニューホテルアワードを受賞