10月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

4人の日本の出版社がマンガ著作権侵害で米国の技術会社を訴える

社会


東京、2月。 1(時事通信社)-日本の大手出版社4社が米国のインターネットインフラ会社CloudflareIncを提訴した。 火曜日に、そのサービスが海賊版漫画の配布を支援することによって著作権を侵害していると非難した。

講談社、集英社、小学館と角川株式会社講談社は、サンフランシスコを拠点とする会社に対して、サービスに対する差止命令と総額4億6000万円の損害賠償を求めて東京地方裁判所に訴訟を起こしたと発表した。

発表によると、Cloudflareはコンテンツ配信ネットワークサービスを提供しており、マンガ著作権侵害のWebサイトがネットワークを介してオンライン視聴者にコンテンツを配信できるようにしています。

いくつかの海賊版ウェブサイトはCloudflareと契約を結んでおり、「進撃の巨人」や「ワンピース」など、約4,000のマンガタイトルを配信しています。 1つのWebサイトで、月に3億回も閲覧されていると言われています。

これは、日本の出版社がコンテンツ配信ネットワークサービス事業者に対して提起した最初のマンガ著作権侵害訴訟であると考えられています。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信社

READ  日本の雪崩リスクが低い5つの理由