10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

37年後、ハワイで日本からのニュースのボトルが発見されました

ゲッティイメージズ

学生が日本で出版してから37年後、ボトルに入ったメッセージがハワイで発見されました!

ガラス瓶は、海流がどのように機能するかを調査する科学クラブプロジェクトの一環として、1984年に日本のソチ高校の学生のグループによって最初に海に投げ込まれました。

実験の一環として、1984年から1985年にかけて合計750本のボトルを海に放出しました。

今年の6月、ハワイ沖でボトルの1つが発見され、9歳のアビーが海に投げ込まれてから37年後のことです。

ボトルの中には、日本語、英語、ポルトガル語で答えるための学校の住所が書かれたメッセージが入っていました。

READ  「シャトル外交が悪化した」:日本の投資スター、東芝が取締役会の論争に巻き込まれた経緯