10月 21, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

3人に2人が最初のAstroGenecaジャブの後に疲れを感じます

日本の研究者は、3人に2人がアストラゼネカコロナウイルスワクチンの最初の注射後に倦怠感を経験していることを発見しました。

8月以来、保健省の研究チームは、全国の8つの医療機関で初回投与を受けた179人の症状を調査しました。

66%が倦怠感を発症し、51%が頭痛を発症し、47%が摂氏37.5度以上の発熱を発症しました。

症状は、ショットの1〜2日後に現れることが多く、若者に最もよく見られます。

政府がアストラゼネカワクチンの副作用に関する調査を発表したのはこれが初めてです。

イド・ソミノブ教授は、純電大学医学部の研究チームを率いています。

臨床試験のデータによると、アストラゼネカワクチンのレシピエントは初回投与後に副作用を経験しますが、他のワクチンのレシピエントは2回目の投与後に症状を発症することが多いとイド氏は述べています。

教授は彼のチームが副作用を研究し続けると言います。

9月12日現在、保健省は、日本の28,997人がエストロゲンワクチンの接種を受けており、死亡者は報告されていないと述べた。

Pfizer-BioentechまたはModernワクチンを接種した後、19万人が死亡したことが確認されました。

同省によると、ファイザー・バイオエヌテックワクチンは17.2、モダナワクチンは2.4である。

当局は、これらのケースのいずれにおいてもワクチンの原因は確立されていないと述べています。

READ  石油とアジアの株式は数年ぶりの高値に下落