11月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

2023 MLB ドラフト オッズ ロト

2023 MLB ドラフト オッズ ロト

ポストシーズンに世界タイトルを争う 12 チームがある一方で、他の 18 チームは、2023 年のドラフトでどこを選択するかを含め、将来を見据えています。

以前はレギュラーシーズン終了時に、1回戦の順位から逆順でおおよそのパスを出すことができた。 しかし、最新の団体交渉協定のおかげで、起草に関してはゲームに新たな問題が生じています。

初めて、6人の最高のドラフトピックのランキングは、前年のランキングの単純な順序ではなく、抽選によって決定され、抽選は12月初旬のサンディエゴウィンターミーティングで行われる予定です.

2022 年に最低 3 つの記録を持つチーム – ナショナルズ、A ズ、パイレーツ – は、抽選で最初の全体の選択を取得する可能性が最も高くなります (それぞれ 16.5%)。ただし、プレーオフに参加しなかった 18 チームはすべて上陸のチャンス。 他のチームの割合は記録の逆順で減少し、勝率が最も高いプレーオフに参加していないクラブの 0.23% になります。

前年と同様に、レギュラーシーズンの記録タイは、前年の記録によって破られ、タイが破られるまで、その後の各前年の記録が続きます。

#1を選ぶためのドラフト宝くじオッズ

1. 市民 (55-107) 16.5%
2. A (60-102)、16.5
3.海賊(62-100)、16.5
4. レッズ (62-100), 13.25
5. ロイヤルズ (65-97), 10.0
6. タイガース (66-96)、7.50
7- レンジャーズ (68-94), 5.50
8.ロッキーズ(68-94)、3.90
9.マーリンズ(69-93)、2.70
10.エンジェルズ(73-89)、1.80
11. D-バック (74-88), 1.40
12. カブス (74-88) 1.10
13. 双子 (78-​​84) 0.90
14. レッドソックス (78-​​84) 0.76
15. ホワイトソックス (81-81), 0.62
16.ジャイアンツ(81-81)、0.48
17.オリオールズ(83-79)、0.36
18.ブリューワー(86-76)、0.23

レベニュー シェアリングの支払いを受けるチームは、2 年以上連続して懸賞の選択を受け取ることはできません。また、レベニュー シェアリングの支払いを受けないチームは、連続してドラフトでトップ 6 を受け取ることはできません。 なお、抽選対象外のクラブは、原則として10点以上の抽選はできません。

ドラフトは20ラウンド残り、1巡目以降はポストシーズンに所属していないチームが勝率の逆順で選ばれる。 全 20 ラウンドで、予選を通過したクラブは逆の順序でポスト シーズンを終了することを選択します (ワイルド カードの敗者、ディビジョン シリーズの敗者、チャンピオンシップ シリーズの敗者、世界選手権の敗者、世界選手権の勝者)。 各プレーオフ グループ内で、チームはレベニュー シェアリング ステータスでソートされ、勝率の順に逆順に並べ替えられます。

6 ピックの MLB 宝くじは、アメリカのどのメジャー スポーツ リーグよりも奥が深いものです。 NBA の上位 4 名と NHL の最初の 2 名は抽選の対象となりますが、NFL には抽選がありません。

ナショナルズが先制すれば、スティーブン・ストラスバーグを1-1で下した1年後の2010年にブライス・ハーパーを引き継いで以来、初めて選出されることになる。 宝くじの当選確率が 2 番目に高いチーム A は、1965 年にメジャー リーグ史上初のドラフト ピックとしてリック マンデーを指名し、1 位になりました。 バッカニアーズのヘンリー・デイビスは 2021 年のドラフトで 1 位に終わった. レッズは 2016 年 (ニック・センゼル) と 2017 年 (ハンター・グリーン) の両方で最近 2 位を選んだ. 宝くじのオッズでトップ 5 に入った後、ロイヤルズはフランチャイズの歴史の中で 1 対 1 で選んだのは 1 回だけで、2006 年にルーク ホッチェバーを獲得しました。 2019年。

2023 年に誰がベストになるかを判断するには時期尚早ですが、MLB パイプラインは最近、インディアナ州のプレップ マックス クラークをトップに据えました。 高校の見通しリスト ルイジアナ州立大学のプレーヤー、ディラン・クルーズがランク 1 位に 大学一覧. 2023年のオールスターゲームの開催地であるシアトルで開催される来年7月のドラフトまでの間に、多くのことが変わるだろう.

READ  ネッツの噂:デュラント、貿易需要、エドワーズ、アーヴィング