5月 25, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

2023年のMLBドラフトで最高のドラフト指名権を獲得したチーム

2023年のMLBドラフトで最高のドラフト指名権を獲得したチーム

シアトル発 – 昨年12月、レッズはMLBの第1回ドラフト抽選会で不運に見舞われた。 ワースト4位の成績にもかかわらず、ほとんどのドラフトで正当な全体1位指名となる5人の選手を擁し、年間全体7位指名権を獲得した。

シンシナティは日曜日の夜、これら5人のうちの1人が7位に落ちるかもしれないという淡い期待を抱いていたが、それは起こらなかった。 その代わりに、レッズは第一印象に基づいて、全30クラブから最高の人材を集めることを決定した。

はい、2023 年のドラフトがどうなるかを確実に知るのは時期尚早です。最初の 10 ラウンドで選ばれたすべての選手がプロ契約に署名すると仮定すると、最善を尽くしていると思われる 8 クラブは次のとおりです。

1. レッズ
カレッジチームの短いドラフトで、レッズはウェイクフォレストの右腕レット・ロウダー(1巡目)とルイジアナ州立大学の右腕タイ・フロイド(補欠1巡目)の2人の優秀選手を指名した。両選手ともカレッジワールドシリーズで活躍した。 。 そして彼らは、本来よりもはるかに遅れて、遊撃手のサミー・スタヴラ(2巡目)とコール・シェーンウェッター(4位)という、2人の傑出した高校生の才能を捕まえる方法を見つけた。 シンシナティはまた、ドラフトでアーカンソー大のハンター・ホーラン(3位)とリップスカム大のローガン・バン・トレック(9位)という大学左腕の2人、ドラフトで最高の守備捕手であるロングビーチ州立のコナー・バーンズ(5位)、そしてシンシナティ大学の2人の打者を加えた。バージニア。 イーサン・オドネル(6位)とスタンフォード一塁手カーター・グラハム(8位)。

2. ジャイアンツ
ジャイアンツは全体16位指名でコロラド高校のウォーカー・マーティンを高く評価し、その後バージニア州の二刀流スター、ブライス・エルドリッジを指名した。 終盤、コンセンサスで最も優秀な左翼手であるケント州立大のジョー・ホイットマンが、2回目の先発前に出場権を獲得した。 しかし、マーティンは第2ラウンドの途中でサンフランシスコで待機しており、ホイットマンは第2ラウンド後にフリーエージェントのカルロス・ロドンの損失を補うためにジャイアンツの指名権をまだ持っていた。 マウイ・アフナ(4巡目)により、ジャイアンツはMLBパイプライン・ドラフト・ランキングの上位50人から4選手を指名した唯一のクラブとなった一方、オーバーン遊撃手コール・フォスター(3位)、メリーランド州捕手ルーク・シュライガー(6位)などのトップ選手も獲得した。 、グレイソン(テキサス)CC右腕ジョシュ・ボスティック(8位)とルイビル捕手ジャック・ペイトン(11位)。

3. 双子
史上初のロトで最大の勝者となった双子は、13位から5位に順位を上げ、高校生プレーヤーのウォーカー・ジェンキンスのファイブツールの可能性において、一流の才能を備えていた。 彼らはそれに続いて、電気コーチのチャーリー・ソト(1巡目補充)、アリゾナ州立大学攻撃二塁手ルーク・ケシャル(2位)、高校生選手のブランドン・ウィノカー(3位)、そしてサザンという、さらに4人の1イニング目の才能を獲得した。 ミシシッピ州の右腕タナー・ホール (IV)。 後者のチェンジアップとコントロールはドラフトの中でも最高と評価された。 右利きのディラン・クエスタッド(5位)、アリゾナ州立大学の左利きロス・ダン(10位)、カリフォルニア州のボルション・パスクアルト(12位)は、さらに興味深い左利き3人を用意した。

4. タイガース
タイガースは、ドラフトで全体3位指名として、高校生の最高の打者2人を指名した。マックス・クラークは、上位指名争いで外野手の中で最もオールラウンドなツールを持っていた選手で、遊撃手のケビン・マクゴニグル(補欠1位)だった。 -ラウンドピック)。 彼らはプレプスターズを最初の5指名権のうち4指名権で獲得し、左翼手のポール・ウィルソン選手(3位)と強打者の三塁手カーソン・ラッカー選手(4位)も獲得した。 ネブラスカ州の二塁手マックス・アンダーソン(2位)は確実な大学打者で、テネシー州の右腕ジェイデン・ハム(5位)は見事なカーブボールを持っており、ペパーダインは遊撃手のジョン・ベック(7位)を引っ掛けるはずだ。

5.船員
トップ30の指名権のうち3人を獲得したマリナーズは、大きなダメージを与える準備ができており、3人の興味深い先発投手でそれを実現した。 遊撃手兼三塁手のコルト・エマーソンは打力と潜在能力を兼ね備えており、外野手のジョニー・ファーメロは将来有望な打者を擁する俊足で、タイ・ペティはおそらく高校クラスで最速の打者であり、素のパワー、スピード、腕の強さを備えていた。 ウェイク・フォレストのタックル、テディ・マグロウ(3回戦)は、大学シーズン開始直前に肘を痛めるまで、1巡目選手になれる素質を見せた。 エイダン・スミス (4位) は過小評価されている外野手で、接触回数が多く、スピードと腕の強さも兼ね備えています。

6. マーリンズ
マーリンズは、右腕のノーブル・マイヤーを10位で獲得し、ドラフトで高校、大学、または高校3年生の最高位でもあったトーマス・ホワイトをどういうわけか浮かせて、最高の準備投手を獲得することに成功した。 #35. ミシシッピ大の外野手ケンプ・アルダーマン(2回)はこの春の大学野球の誰よりも激しい打球を打ち、ミシガン州立大の一塁手ブロック・フラーデンバーグ(3回)はドライブラインマシンだ。 ネブラスカ州の左利きエメット・オルソン(4位)、テネシー州の右利きアンドリュー・リンゼイ(5位)、ミシシッピ州のサウスポー、ジャスティン・ストーム(7位)が、マイアミ大学のシュート層に厚みを与えている。

7. 国民
ナショナルズは右腕ポール・スケンズを望んでいただろうが、ほとんどのクラブは同じルイジアナ州立大のディラン・クルーズを1位指名で獲得し、ワシントンはディスタンドの最高のオフェンスを2位で指名しただろう。 2回表、高校生屈指の右腕トラビス・シコラが3回表に好投を見せた。 アラバマ・トウズのアンドリュー・ピンクニー選手(4回戦)とインディアン・リバーステイト(フロリダ州)のJC右腕ギャビン・アダムス選手(11)も注目している。

8. 海賊
パイレーツは、1965年にドラフトが始まって以来、スティーブン・ストラスバーグに匹敵する最高の将来有望選手としてスキーンズを指名してドラフトを開始し、来年中には大リーグ入りを果たすはずだ。 同世代の投手だけでも実りある努力をするだろうが、ピッツバーグはミシガン州立大の俊足ミッチ・ギブ(2巡目)とオレゴン州立大の三塁手によって磨かれた大学打者2人を含む、トップ250の有望候補者として他に8人の有望な投手で彼を補完した。フォレスター (3 番目) と高校生の右腕いたずらっ子ザンダー モス (2 番目の続編)。 バックスはウェストバージニア州のスターリリーバー、カールソン・リード(4位)をスターターとして起用する可能性があるほか、ヴァンダービルト大の右腕パトリック・ライリー(5位)、アラバマ州立大学のハンター・ファータド(6位)、ジョージア州のサウスポー、ジェイデン・ウッズ(7位)、アリゾナ州立大学の右腕クリスチャンを起用する可能性がある。カーティス (12) 彼らは大学の平均以下の統計が示すよりも、さらに良い面を持っています。

READ  アトランタ・ユナイテッドがナッシュビルSCに4-0の圧勝で2年連続完封勝利