2月 1, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

2023年の投資先は日本か?

歴史が私に教えてくれたのは、他の人が日本株に強気なときは注意することだ。

日本が近代資本主義の巨匠の 1 つとして称賛されてから 30 年以上が経過しました。 1989 年 12 月 29 日、日経 225 は 38,957 の過去最高値を記録しました。2021 年 2 月まで再び 30,000 を超えることはありませんでした。

しかし、私たちは現在、景気後退が避けられないように見え、機会のポケットがその日の秩序である世界に住んでいます. 日本が提供できる。

年初来、日本の株式は 11% 以上下落しています (世界の株式は 8% 下落しています)。 しかし、2022 年の最終四半期のいくつかのイベントは、投資家にとって有望です。

日本は実際にインフレに対応しているため、世界のほとんどの国に遅れをとっている

まず、経済はパンデミック後に再開しました。 日本がCovid-19後の再開に遅れをとっていることは周知の事実であり、根本的な変化が起こる可能性は低いように思われました. しかし、製造業などの一部のセクターは、世界経済の回復と円安の恩恵を受けているため、これは多層的な話です。

シュローダーの日本株の責任者である前田健氏は、特に海外旅行の制限が解除されるにつれて、サービスと経済の消費者関連部分の再開を期待しています。

もう 1 つの変化は、20 年にわたる政策パラダイムを逆転させ、賃金と物価の上昇を維持することを目的とした緩和的な金融政策から脱却し始めることを日銀が示唆した年の終わりに起こりました。 これにより、将来の利上げの可能性が開かれるだけでなく、この動きにより、円はすぐに米ドルに対して 4 か月ぶりの高値に押し上げられました。

円安に支えられた 2022 年の日本の収益修正の前向きで回復力のある傾向を考えると、これは一部の人々に懸念を抱かせる可能性があります。

M&Gジャパンのファンドマネジャー、カール・ウィン氏は、日本の金融政策は、今世紀の彼が見たのと同じくらい建設的だった国の一般的な成長、インフレ、賃金の背景と対立していると述べた. ボラティリティが高まるという短期的な見通しについては過度に心配していないが、通貨が極端に変動する可能性を排除することはできないと彼は言う。

「私たちにとって、全体像は明らかです。日本は構造的デフレの轍から抜け出していると信じています。私たちは日本銀行を疑っています。 [BoJ] 徐々に同じ考えに慣れていきます。

「しかし、日銀は債券市場と通貨市場の混乱を避けたいと考えており、さらに前進したいと考えている」と彼は付け加えた。

日本株の運命屋は、市場がこれほど長い間安いのには理由があると言うでしょう。 日本に有利ないくつかの強い追い風があると私は主張します

日本は実際にインフレに対応しているため、世界のほとんどの国に遅れをとっています。 9 月の消費者物価指数の年間インフレ率はわずか 3% で、日銀の目標である 2% をわずかに上回りました。 これを米国とヨーロッパの急激なインフレと比較してください。

D. ロウ・プライス日本株ファンドマネージャーのアーチボルド・チガナー氏は、日本のインフレは主に食品とエネルギーの価格によって引き起こされていると述べた(全体の価格上昇のそれぞれ4.6%と16.9%)。 彼は、日本企業が従業員や組合グループとの賃金交渉を開始する4月の日本の会計年度の終わりに、インフレのより明確な全体像が現れると考えています.

円安は日本の競争力と輸出業者にとって非常に有利ですが、円高は国内志向の企業にとってより有益です。 歴史はまた、1998 年に円が最も弱い水準にあったとき、通貨が急激に上昇し、3 か月以内に米ドルに対して 22% 上昇したことを示しています。

安定した政治的背景と、任天堂やトヨタなど世界をリードする多くの企業が日本に拠点を置いているという事実を考えると、考慮すべき長期的な追い風もいくつかあります。

しかし、特に触れたいことが 2 つあります。 第一に、前の安倍晋三首相の任期に続いて、過去 10 年間のスチュワードシップ コードやコーポレート ガバナンス コードなどの改革により、コーポレート ガバナンスは改善を続けてきました。 .

これらの指数の複合効果は、日本の取締役会が利益の割合として配当を支払う可能性が高いことです。 バランスシートに多額の現金があるため、今後数年間で配当が成長を上回る可能性も十分にあります。

そして、歴史に比べてさらに魅力的なバリュエーションがあります。 日興アセットマネジメントによると、今年度の企業収益はこれまでのところ堅調に推移しており、記録的な自社株買いは、企業経営者が日本企業のバリュエーションを魅力的であると見なしていることを示している。

10 月末時点で、日本の株式市場は長期平均の 12.3 倍の先物株価収益率の 14 倍で取引されていました。

要するに、日本株の運命屋は、市場がこれほど長い間安いのには理由があると常に言い続けます。 現在、日本に有利な強い追い風がいくつかあると私は主張しますが、いつものように、スムーズな道のりとはなりそうにありません。

アクサ・フラムリントン・ジャパンとコムゲスト・グロース・ジャパンのファンドは検討に値するオファーであり、成長する配当文化を利用したい人はベイリー・ギフォード・ジャパン・インカム・グロース・ファンドに目を向けることができます。

Darius McDermott は、Chelsea Financial Services および Financial Calibre のマネージング ディレクターです。

READ  コールドジャパン:オックスフォードの研究者が犯罪と日本のポップカルチャーのつながりを探る