7月 19, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

2023年、「ひぎにく」が日本の小学生の間で主な口語として浮上

2023年、「ひぎにく」が日本の小学生の間で主な口語として浮上





流行語大賞主催者提供のこの画像は、「人物」部門で1位となったソンマゲ剛造のメンバー・ヒギニクさん。

東京 — 日本語の「ひき肉」はひき肉を意味します。 しかし、Z 世代のメンバーは、この言葉を聞いても牛肉や豚肉のことを思い浮かべません。 実は「ひぎにく」は中学生ボーイズグループの人気メンバーの名前で、11月30日に発表された2023年の「JC・JK流行語大賞」では2部門で1位となった。

東京に本拠を置くAMF株式会社は、高校生のCEOである志木里佳氏が代表を務め、日本の中高生の間で流行している言葉を代表しています。 女子中高生が参加する「JC-JK研究会」の結果をもとに、「人」「もの」「場所」「ことば」の4部門で上位5位までのランキングを作成。 。」

「ひぎにく」は「人物」「言葉」ともにトップに登場した。 ひぎにくは、中学生YouTuberグループ「ソンマゲごぞう」のメンバー6人のうちの1人。 独特のサウンドトラックと「ひきにくです」という挨拶で有名。 腕を広げた「ひき肉ポーズ」はスポーツ選手から芸能人までの間で流行し、プリクラの定番ポーズとも言われている。

単語ランキングを作成するためのもう 1 つの人気の用語は、お笑いコンビのラランドが YouTube で紹介した「ひす小判」です。 「母親が論理を飛躍させたり、議論の焦点を変えたりして、ヒステリックな声で他人を非難すること」と定義されている。 「なせなせ?」もチャートインしている。 (なぜ、なぜ?)、TikToker Isa によって普及しました。 「彼らは自分たちは金持ちだと言っているのに、請求書は割り勘にしてほしいと言ってきます。なぜ、なぜでしょうか?」 などの文で皮肉を込めて使われます。 このセレクションでは、世界の不公平や矛盾に対する懐疑や不満を表現するために使用される表現に焦点を当てています。

志貴さんは「上司や家族に相談するのが苦手なZ世代でも、疑問や不満、批判を忘れずに表明する『ゆるやかな反乱』のような現象が起きている。楽しい」とコメントした。 。」

「モノ」カテゴリーでは、通知を受け取ってから2分以内に写真を投稿するようユーザーに促すソーシャルメディア写真共有アプリ「BeReal」がトップとなった。 ユーザーには写真を編集する時間がないため、画像は日常生活の真のスナップショットになるという考えです。

中高生の流行語の発表は、日本の流行語大賞「現代社会年鑑」による2023年の流行語大賞の発表前日に行われた。

【朝比奈ゆか】

「2023 年の各カテゴリーの JC-JK 流行語」トップ:

人物:ヒキニク(YouTuberグループメンバー ソンマゲゴゾ)

もの: BeReal (ソーシャル メディア アプリ)

開催場所:ユニバホリン(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン ハロウィーンイベント)

セリフ:「ひぎにくです」

READ  日本のロックスターの指紋と足跡が火曜日に公開される