12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ocon-japan.jpg

2022年日本グランプリFP1レポートとハイライト:アロンソが鈴鹿での初のウェットプラクティスでサインツとルクレールをリード

フェルナンド アロンソは雨の日本グランプリのオープニング セッションでペースを上げ、アルプスをフェラーリ デュオのカルロス サインツとシャルル ルクレールの前に置きました。

2019年以来初めてF1が鈴鹿に戻ってきたため、60分間のオープニングセッションの前に大雨がドライバーを迎えました。 作業が始まるとコンディションが崩れましたが、ピレリのウェットタイヤとミディアムタイヤはずっと使用されていました。

続きを読む: F1が鈴鹿に戻ってきて、歴史の瀬戸際にいるフェルスタッペン

ケビン・マグヌッセンとホームの人気者である角田祐希は、ピットレーンの終わりにゴーアヘッドが出されたときに最初に現れ、すぐにハーフコートに加わり、ウェットタイヤで早い段階で数マイルを集め、自分自身を呼び出しました.

しかし、数周後、ルクレールはトラックがメディアの準備ができていると述べ、約30分後、ドライバーはグリーンマークのラバーに切り替えました。 これに続いて、別のシャワーが到着し、トラックが再び浸水する前に、10分間の改善の窓がありました。

1


フェルナンド
アロンソ
アロ
アルプス

1: 42.248

2


カルロス
標識
財務管理と説明責任の最高機関
フェラーリ

+ 0.315 秒

3


チャールズ
ルクレール
レック
フェラーリ

+ 0.386 秒

4


エステバン
私はあること
OCO
アルプス

+ 0.774 秒

5


ケビン
マグヌッセン
雑誌
ハースF1チーム

+ 1.010 秒

最終的に、アロンソは 100 万 42.248 秒のタイムで FP1 をリードし、サインツに 10 分の 3 差をつけてフィニッシュし、後半のグラベルトリップを生き延びたルクレールは再び 10 分の 1 弱の 3 位でフィニッシュしました。

エステバン オコンはチームメイトのアロンソと共にウェットコンディションでトップ 4 に入り、アルビンは クリエイターズランク 前回シンガポールでマクラーレンのライバルに。

ポイントパス:フェルスタッペンが日本で2度目のドライバーズタイトルを獲得するために必要なもの

ナンバーワンのマグヌッセンはハースの最速タイムで 5 位でフィニッシュし、アロンソの記録タイムから 1 秒遅れ、レッドブルのドライバーが途中で真っ直ぐ真ん中に入った後、マックス フェルスタッペンが僅差で続いた。

ミック・シューマッハは、最終セクターでアロンソから「ビッグバン」された後、ラジオでフラストレーションを表明し、7位でフィニッシュしたが、チェッカーフラッグ後のターン7で道路から外れ、ハースからフロントウイングを奪った。

正方形の旗を上げた後、小石を見つけるシューマッハ

マクラーレンのドライバーであるランド・ノリスは、8位に浮上する途中でエンジンに関する懸念を報告し、アルファロメオのデュオであるバルテリ・ボッタスと周関陽は、セルジオ・ペレスのもう一方のレッドブルを破った。

ダニエル リカルド (マクラーレン) も 12 位でオフ コースを走行した別のドライバーで、このオーストラリア人は 18 位でシルバー アローズ チームとの静かなセッションでメルセデスをリードしていたルイス ハミルトンの前にいました。

続きを読む: 「完璧な週末が必要だ」 – フェルスタッペンが鈴鹿への復帰でタイトル獲得の可能性を検討

アストンマーティンのランス・ストロールは14位でフィニッシュし、アレックス・アルボン(ウィリアムズ)、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)、ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)がグラベルで走り、そしてラッセルが続いた。

アルファタウリのドライバーである角田は、ホームグランプリで週末を 19 位でスタートし、セバスチャン ベッテルは別のアストン マーチンでフィールドの後方に漂流した。

READ  NFLはイルカの所有者に出場停止と罰金を科し、チームから2回の試打を剥奪